飛ばしたいという心理が招くエラーな動きを防ぐ考え方とは?

飛ばしたいという気持ちが
招くエラーな動きとは?

力みが切り返しの動きを壊す

多くのアマチュアゴルファーの方が飛距離を伸ばそうとするとトップからダウンスイングへの切り返しの動きを強くしがちです。

たしかにクラブを強く切り返すと簡単にヘッドスピードは速くなります。

しかし、その反面で切り返しを強くすることはクラブが立つという危険性も強めてしまいます。

切り返しでクラブが立つとその反動でインパクトで手元が浮いてしまいます。

その結果、ミート率は大きく下がることになります。

飛ばそうという力みは切り返しでクラブを立てる危険性が高くなります。

 

下田信司神戸&東京レッスン

 

切り返しはそっとクラブを軌道に乗せる

PX理論では逆に切り返しは優しくというのが基本となります。

そっとクラブヘッドをインサイドの軌道に乗せるように切り返すことでミート率の良いダウンスイング作れます。

切り返しではクラブヘッドをインサイドの軌道にそっと乗せるイメージが大事なポイントとなります。

 

ヘッドスピードは
ダウンスイングが進むにつれ速くなるもの

ヘッドスピードはクラブヘッドがボールに近づくにつれ速くなるのが理想的な動きです。

「切り返しの加速→インパクトの減速」ではなくクラブヘッドがインパクトに向かって加速していくのが理想的なダウンスイングです。

 

ヘッドスピードは骨盤の動きで上げる

加速するスイングには切り返しを無理矢理手で速く下ろすのではなく、下半身(骨盤の捻り戻し)からダウンスイングの動きを始めることがとても大事です。

ここで知っておかなければならない解剖学的知識があります。

それは、骨盤は縦に捩じれる動きしかできないということです。

その縦に捩じれる動きを左右交互に行うことでスイングの下半身の動きが作られます。

この骨盤の捻りからの捩じり戻しが速くなればヘッドスピードも速くなります。

骨盤の捩じり戻しの速さによってヘッドスピードが速くなります。

 

まとめ

  • 飛ばそうとして力むことが切り返しの動きを悪くして、ミート率が落ちる
  • ヘッドスピードを上げるのは手ではなく骨盤の動き

 

上手くなる情報を毎日配信!

ライン@にご登録頂くと私のテキストによるレッスンと、プロのトレーナー兼ドラコンプロの平野コーチによるレッスン動画をご覧になれます。

ご登録はこのボタンを押してください。

友だち追加

タイトルとURLをコピーしました