スイングの軸を簡単に意識する方法

下田信司神戸&東京レッスン




スイングの軸とは?

スイング中に軸が動くと当然ミート率は良くなりません。

とはいえ、

そもそもスイングの軸とはどこを意識すればいいのか?

そうお悩みの方も多いのではないでしょうか。

一般的にはスイングの軸を

「バックスイングからトップでは背骨を中心に身体を捻る」

とか

「ダウンスイングからフィニッシュでは背骨を中心に回転する」

というように背骨を軸として捉えている方が多いと思います。

しかし、スイング中に背骨を軸としてイメージするのは意外と難しく感じる方も多いはずです。

そこで今回はシンプルに軸を意識するポイントについて解説してみたいと思います。

頭を止めることで軸が生まれる

バックスイング〜トップで頭は不動にする

Dr.ヒツモト
背骨を軸にするというのはなんとなくは意識できても少し曖昧で分かりづらいです。

 

シモダ
アドレスでは背筋を伸ばす意識はできても動き始めると背骨の意識ってなかなか持ちづらいですよね。

 

Dr.ヒツモト
もっと簡単に意識できるポイントはないのでしょうか?

 

シモダ
これがあるんです。

 

Dr.ヒツモト
それはどこでしょう?

 

シモダ
それは単純に頭です。

 

Dr.ヒツモト
頭ですか?

 

シモダ
はい。軸って当然動いてはいけないわけですから、そういう意味でスイング中に止める意識が一番持ちやすいのは頭なんです。

 

Dr.ヒツモト
なるほど。背骨の上に頭があるわけだから頭を意識すれば結果的に背骨が軸になるということですか?

 

シモダ
まさにそんな感じです。

頭を動かさないことでスイングに軸が生まれます。特にバックスイングからトップでは頭が横に動くミスになりやすいので要注意です。必ず頭を止めたままクラブを上げていきましょう。

Dr.ヒツモト
自分はバックスイングでスエーする癖があるのでこの止める意識を強く持たないとダメですね。

 

シモダ
頭を軸と考えた場合スエーは軸が揺れることになりますから。それだとトップで強い捻りが作れません。

 

Dr.ヒツモト
感覚的に頭を止めると身体が捻れない感じがするのですが。

 

シモダ
そういう方は多いですね。でも実際は感覚とは逆で頭を止めている方が身体の捻れは強くなります。

頭を止めてバックスイングすると身体が捻れない感覚がでますが、実際は止めている方が上半身の捻れは強くなります。

Dr.ヒツモト
なるほど。感覚と実際の動きは全く違うわけですね。

 

シモダ
はい。上半身が正しくしっかり捻じれていると正面から見たときにトップで背中が反った形になりますので、そこは動画を撮ってご自分の目で確認してみると良いでしょうね。

トップで身体が上手く捻れていると身体の柔軟性に関係なく必ず背中が反った形になります。これはプロとアマのトップの形の大きな差でもあります。

Dr.ヒツモト
なるほど。たしかにプロのトップは背中が反ってますよね。逆に猫背のトップは上半身が捻れていないということなんですね。

 

シモダ
そうなんです。頭が動くと身体は捻りは弱くなり結果的に背中の丸いトップになってしまいます。

 

ダウンスイング以降の軸は
自然にキープできるもの

Dr.ヒツモト
トップまでは頭は不動として、ダウンスイング以降はどうでしょう?やはり動かさない意識が必要ですか?

 

シモダ
もちろん多少は止めておく意識はあったほうが良いのですが、トップまで頭を止めておくことでそれ以降は自然と動かなくなります。

 

Dr.ヒツモト
ではあまり止める意識は要らないということですね。

 

シモダ
切り返しから加速しながらクラブヘッドを振っていくのでそれに合わせて頭を動かすのは逆に難しい動きになりますから。

 

Dr.ヒツモト
たしかに、動かす方が難しいかも。

 

シモダ
特にインパクト以降は身体はフィニッシュに向かって立ち上がっていくので、それに合わせて頭も意識的に動かす必要があります。

頭を止めたトップから上手く切り返しの動きに繋げることができるとそれ以降はクラブヘッドが加速していくため頭は自然と止まった状態をキープすることができます。

スイングにスピードがつくのでフォローでも結果的に頭は動かない状態になりますが、インパクト以降の頭の残し過ぎはいろいろな弊害が出るのでフィニッシュに向かっては頭は少し動かす意識が必要です。

Dr.ヒツモト
前に聞いたフィニッシュでの頭の残し過ぎは引っ掛けの原因になるというやつですね。

 

シモダ
そうです。
その他インパクト以降での頭の残し過ぎはフォローで左肘が抜ける等のいろいろな弊害が出るので要注意です。

 

Dr.ヒツモト
まとめるとスイングの軸を作るとは頭を止めるということで、それも主に止める意識はバックスイングからトップまでで良いということですね。

 

シモダ
まさにその通りです。今回も上手くまとめて頂いてありがとうございます。

 

ライン@にご登録頂くと技術、フィジカル、メンタル、クラブなどアマチュアゴルファーの方が上手くなるための全ての分野の情報をご覧頂けます。

ご登録はこのボタンを押してください

友だち追加

タイトルとURLをコピーしました