上達の極意はプッシュボールにあり

好スコアを出すためには、狭いホールでのティショットやここは絶対にグリーンに乗せておきたいときのアイアンショットなどで使えるミスの確率が少ない自分の得意な持ち球というのが必要になってきます。

また、持ち球は練習での調子のバロメーターにもなるので、そういう意味でも自分の持ち球というのは決めたおきたいものです。

そこで今回は球筋とスイングの関係についてのお話ししたいと思います。

 

東銀座ゴルフスクールでは、このブログのメソッドを使ったレッスンを行っています。

フラットダウンと球筋の関係

肩下ダウンの球筋は自然とプッシュボールになる

このブログでは何度もお伝えしているように近年のプロの世界の流れとしてダウンスイングのフラット軌道スイングが主流になってきています。

このフラットダウンスイングのメリットのひとつがボールが捕まるということです。

そして、ダウンスイングの軌道でボールを捕まえることができるので、その繋がりから多くのプロのスイングはインパクトではクラブヘッドを無理に返さないという動きの繋がりになっています。

そういうスイングをアマチュアの方がした場合は球筋は自然とプッシュボールになります。

プロの場合はヘッドスピードが速いためドローになることもありますが、アマチュアの方はフラット軌道のダウンスイングではほぼプッシュボールの球筋になります。(ショートアイアン等の短いクラブではドロー気味の球筋も出ます)

 

プッシュボールのメリットとは?

汎用性抜群のプッシュボール

実はこのプッシュボールというのはドライバーからアプローチまで幅広く使えるかなり汎用性のある球筋です。

そのため多くのトッププロ達がこのプッシュボールを有効的に活用して好スコアに繋げています。

 

 

メリット1
曲がりの幅が予想しやすい

プッシュボールは基本的にインサイドからのダウンスイングの軌道から生まれる捕まったボールです。

そのため打ち出しは(右打ちの場合)やや右に出ますがそこから大きくスライスというボールになりません。

「スライスしてもこのくらいだな」

という予想が立てやすいので安心してスイングすることができます。

 

メリット2
飛距離が出る

プッシュボールというのはインサイドから捕まる軌道でボールに当たって、しかもインパクトでクラブフェースが被った状態にならないためキャリーの出るボールになります。

そのため飛距離が出ます。

もし、やや曲がり(スライス)が大きくなったとしてもプッシュ系のスライスの場合はカット軌道のスライスと違ってあまり飛距離が落ないというのもプッシュボールの魅力のひとつです。

 

メリット3
アドレスが構えやすい

プッシュボールというのは当然構えたアドレスラインよりも少しだけボールの打ち出しが(右打ちの場合)右になります。

そのためアドレスのラインはターゲットの左(オープン気味)に合わせる必要があります。

ターゲットに平行に構えるということは難しいことですが、最初から左向きで良いと思えば随分とアドレスは構えやすくなります。

また、アマチュアゴルファーの方は右を向くミスをする方が多いので、そういう方にはアドレス修正の良い切っ掛けにもなります。

 

実戦的なプッシュボールを打つ為には

やはり切り返しの動きが大事

プッシュボールを持ち球にする場合は逆球の引っ掛けやプッシュの大スライスを打つことは絶対に避けなければなりません。

これらのミスを防ぐキーポイントは切り返しの動きです。

いつもお伝えしているように切り返しでクラブが立つ動きがその後のダウンスイングの軌道を壊してしまいます。

そうならないためにも、切り返しの動きを良くすることが絶対に必要な条件となります。

ゴルフスイングの最重要ポイントである切り返しを良くすることはゴルフ上達の絶対条件となります。

 

ライン@にご登録頂くと技術、フィジカル、メンタル、クラブなどアマチュアゴルファーの方が上手くなるための全ての分野の情報をご覧頂けます。

ご登録はこのボタンを押してください

友だち追加

タイトルとURLをコピーしました