引っ掛けスイングの原因と修正法

引っ掛けのミスの根本的な原因は切り返しの動きのミスによるものです。

しかし、切り返しの動きが良いのに引っ掛けのミスが出てしまう場合もあります。

その原因としては、手の使い過ぎが予想されます。

ボールが左右に曲がるのには、フェースの向きが大きく影響します。

つまり、インパクトで手を返し過ぎることによって、クラブフェースが閉じて引っ掛けのミスになるということです。

今回はスイングの連続写真を使って手の使い過ぎを防ぐために意識するポイントを解説します。

 

手の返し過ぎを防ぐ方法

まずは頭を動かさないようにして身体をしっかりと捻ったトップを作ります。

 

そこから胸の回転でクラブを引き下ろしながらダウンスイングを作っていきます。

 

胸の回転のリードによって引き下ろされたクラブが加速してボールにコンタクトします。

 

インパクトで手の返し過ぎないように胸の回転と一緒にクラブをフォローに向かって振っていきます。

 

最後のフィニッシュまで胸の回転は止めずに胸の前から手が外れないように上体と腕の振りと同調させていきます。

手の使い過ぎを防ぐために大事なのは胸の回転と腕の振りを同調させることです。

胸を止めて腕だけを振りにいくと、手の返し過ぎになってしまう可能性が高くなるのでそこは要注意です。

腕だけを振った方がクラブを速く振れるように感じますが、実際には胸の回転と腕の振りを合わせた方がヘッドスピードもミート率もアップします。

引っ掛けのミスでお悩みの方はぜひこのイメージで練習してみてください。

 

タイトルとURLをコピーしました