わずか5分でプロゴルファーの飛距離が40ヤード伸びたレッスンとは?

わずか5分のレッスンでプロゴルファーのドライバーの飛距離が40ヤードほど伸びました。

本当に?

と思われる方は多いはずです。

しかし、これは本当の話です。

今回はそれがどういう内容のレッスンだったのかを共有します。

 

ミート率アップで飛距離アップ

プロの飛距離を伸ばすために行った修正はたったひとつです。

「切り返しの動きを変えてミート率を上げる」

元々ミート率の良いプロゴルファーでもセヴンスイングメソッドの切り返しの技術を使うことでより力が伝わるロスのないインパクトにレベルアップしました。

その結果ドライバーの飛距離が40ヤードも伸びました。

切り返しの動きの説明とその動きを何回か素振りで確認しただけなので、その時間はわずか5分です。

具体的な動きで言うと、切り返しでクラブを倒す動きを大きくして、ダウンスイングでクラブヘッドがよりフラットに下りてくるように修正しました。

最近流行のシャローなダウンスイングという動きですね。

フラットなダウンスイングの方がインパクトでの手元の浮きが抑えられるので確実にミート率が上がる。

私は何年も前からこのフラットダウンスイングの作り方を研究してきました。

そしてもう随分前に、そのフラットダウンスイングの作り方を完全に理論化してミート率が劇的にアップするメソッドの開発に成功しています。

セヴンスイングメソッド、ユニット1の切り返しメソッドはプロゴルファーのミート率でも限界までアップさせることができます。

 

最強の切り返しメソッドとは?

グリップエンドの動きが切り返しを変える!

最大のポイントは切り返しでのグリップエンドの動かし方になります。

トップへ行く寸前にグリップエンドをやや前にスライドさせることでクラブが背中側に倒れてクラブヘッドを自然にインサイドの軌道に乗せることができます。

この動きを私の理論では「グリップのスライド」又は「グリップエンドの支点ズラし」と呼んでいます。

グリップエンドを前にスライドさせることでクラブが自然に背中側に倒れてクラブヘッドが低い位置から下りてくるインサイド軌道のダウンスイングになります。

 

切り返しを立てるミスがインパクトのミスを生む

アマチュアの方は、これとは逆にグリップが全く動かないで真下か、インサイド軌道のダウンスイングを作ろうとしてグリップを背中の方向に下ろしてしまう動きの方がほとんどです。

このグリップが真下もしくは背中の方向の動きはどちらも切り返しでクラブがバックスイングで上げた軌道よりも立つことになります。

グリップを下ろす軌道を間違えるとクラブがバックスイングで上げた軌道よりも立ってしまう切り返しになります。

このクラブが立つ動きは例えわずかでもその反動がインパクトでの手元の浮くエラーな動きに繋がります。

このミスショットへの流れは切り返しでクラブを立てない、つまり切り返しでクラブを倒す動きによってのみ防ぐことができます。

 

切り返しメソッドはその人のレベルに関係なく機能する!

今回のプロの場合はアマチュアの方よりも器用に動きを変えられるということによってわずかな時間で激変という流れになったのは間違いありません。

しかし、この切り返しメソッドはとても簡単なものなので、アマチュアゴルファーの方でも短時間でミート率を劇的に上げることができます。

この切り返しのメソッドはその人のレベルや年齢性別に関係なく短時間で効果が出せます。

飛距離不足でお悩みの方、また短期間で飛距離アップしたいという方はぜひこの切り返しメソッドをお試しください。

タイトルとURLをコピーしました