トップの形でお悩みの方必見!綺麗なトップと右手グリップの関係とは?

シモダ
今回は綺麗なトップの作り方についてお話ししたいと思います。

 

Dr.ヒツモト
綺麗なトップには憧れますね。

 

シモダ
オーバースイングやクロスシャフトなど、トップで苦労されてるアマの方は多いですからね。

 

Dr.ヒツモト
たしかに。トップの形が良くなると切り返しもやりやすくなりそうですし。

 

シモダ
そうなんです。クラブが立たない切り返しを作るためにもトップの形は非常に大事になります。

綺麗なトップの条件とは?

Dr.ヒツモト
まず良くないトップとはオーバースイングやクロスシャフトになってしまうことですよね?

 

シモダ
もちろんそれもありますが、それらに加えてもうひとつ大事なポイントはフェースの向きです。

 

Dr.ヒツモト
フェースの向きですか?

 

シモダ
はい。
つまり極端なシャット(閉じた)フェースやオープン(開いた)フェースになってしまうのは良くないということです。

 

Dr.ヒツモト
なるほど。

 

シモダ
飛球線後方からスイングを見た時のクラブの位置、シャフトの角度、フェースの向き。この3点が正しい形に収まっているかが綺麗で実用的なトップを作るポイントということになります。

 

綺麗なトップの条件はクラブの位置、シャフトの角度、フェースの向きの3点が正しく収まっているかということです。

綺麗なトップは右手グリップで作る

Dr.ヒツモト
なるほど。しかし、我々アマチュアにはひとつを意識するのも苦労するのに、その3つを同時に意識するのはかなり難しいことですよね。

 

シモダ
たしかにそう思われる方は多いでしょうね。
しかし、これがある1つのポイントを意識することでこの3点を同時に良くすることができるんです。

 

Dr.ヒツモト
ほんとですか!
それはぜひ教えてほしいですね。

 

シモダ
実はそのポイントは右手のグリップなんです。

 

Dr.ヒツモト
グリップですか?つまり握り方ということですね。

 

シモダ
まずは握り方が大事ですが、それだけでは不十分でその次にトップでクラブを右手のどこで支えるかというこの2つが重要となります。

 

Dr.ヒツモト
クラブの握り方と支え方ですか?

 

シモダ
では、その2つを詳しく解説していきます。

綺麗なトップを作るための
クラブの支え方

シモダ
まず最初にこのトップでのクラブの支え方からご説明した方がわかりやすいのでそちらからいきましょう。

 

シモダ
写真のジュニアのようにトップでクラブがオーバースイングやクロスシャフトにならないで尚且つフェースの向きも適正になるためには右手の人差し指付け根にしっかりとクラブを乗せる必要があります。

 

Dr.ヒツモト
人差し指付け根の付け根ですか?

 

シモダ
そうです。ここが凄く重要です。

 


シモダ
写真のように人差しの指付け根をしっかりとクラブに密着させてそこにクラブを乗せていきます。

 

Dr.ヒツモト
なるほど。こういう感じで乗せるんだ!

 

シモダ
この人差し指付け根にクラブが乗った状態でグリップに過度な力が入らなければオーバースイングやクロスシャフトにならず綺麗なトップが作れます。

 

Dr.ヒツモト
クラブの重さを指の付け根で感じるというイメージですかね?

 

シモダ
まさにクラブ全体の重さが指の付け根に掛かっている感じですね。

右手の出前持ちは危険!
右手人差し指の出前持ちが正解

Dr.ヒツモト
よく昔からトップの右手は出前持ちとか言われてますよね。それに近いのかな?

 

シモダ
そのイメージでも悪くはないのでしょうが、それだと手首の柔らかいジュニアや女性はやり過ぎになってしまって極端なシャットフェースになる可能性があります。

 

シモダ
逆に手首の硬い人は無理にその形を作ろうとして両手グリップが離れてしまう方もいますね。

 

Dr.ヒツモト
いろいろとやり過ぎの弊害が出てしまうわけですね。

 

シモダ
それに対して人差し指付け根に乗せることは最初の握り方が間違っていなければそれほど難しくありません。

 

シモダ
わかりすく言うと手首からではなく人差し指だけが付け根から出前持ちの形になるという感じでしょうか。

 

Dr.ヒツモト
人差し指の出前持ちか。それはイメージしやすいですね。

 

シモダ
はい。そうなるためには右手グリップの形がとても大事なのでここから詳しくその握り方について解説していきます。

トップの形が悪くなる握り方とは?

シモダ
正しい握り方にいく前にまずはよく見かける悪いグリップの例を2つご紹介します。この2つの握り方になる方は多いので、ぜひご自分のグリップをチェックしてみてください。

悪いグリップの形1

シモダ
まずひとつが右手の人差し指よりも親指の方が先に出てしまっている握り方です。

 

Dr.ヒツモト
この感じの人は多いですよね。これはダメな握りだったんだ。

 

シモダ
この握り方ではトップで親指にクラブが乗ってしまうのでクロスシャフトとオープンフェースなトップになる可能性が高くなります。

 

Dr.ヒツモト
まさにアマチュアゴルファーの方に多いトップの形ですね。

悪いグリップの形2

シモダ
次にこの癖の方も多いのですが、右手の平が上を向き気味のいわゆる下から握り過ぎのグリップです。

 

Dr.ヒツモト
この握りもよく見かけます。

 

シモダ
これはジュニアや女性に多い形ですが、この握りだとトップでシャットフェースになる可能性が高くなります。

綺麗なトップを作るための
右手の握り方とは?

Dr.ヒツモト
トップでのフェースやシャフトの向きに右手グリップがこんなにも大きく影響しているんですね。

 

シモダ
はい。トップの形はグリップでかなり変わります。

 

Dr.ヒツモト
では、綺麗なトップになる右手のグリップはどういう握り方をすれば良いのでしょう?

 

シモダ
その握り方には2つのポイントがあります。

綺麗なトップを作る右手グリップの握り方
ポイント1

シモダ
まずひとつ目のポイントは人差し指付け根がしっかりとクラブに密着させるということです。

 

Dr.ヒツモト
しっかり密着ですか。

 

シモダ
はい。ここでの大事なポイントが写真のように指のつけ根の面とクラブフェースの向きを合わせることです。

 

シモダ
この最初のセットによって、あとはトップでクラブを右手の人差し指のつけ根に乗せるだけでオートマチックにフェースの向きは適正なものになります。

 

Dr.ヒツモト
なるほど。ここにトップでのフェースの向きを正しくする秘密があったんですね!

綺麗なトップを作る右手グリップの握り方
ポイント2

シモダ
2つ目の大事なポイントは親指よりも人差し指が前(下)に出た状態で人差し指と親指の付け根をしっかりと締めることです。

 

シモダ
これによってバックスイングの途中からトップまでの間にクラブを人差し指のつけ根に乗せやすくなります。

 

Dr.ヒツモト
よくタオルを絞る感じと言いますが、そんなイメージですか?

 

シモダ
そのイメージだと右手が被り過ぎになる可能性があるので私はあまりおすすめしません。人差し指と親指の付け根に何かを挟んで締める感じです。

 

Dr.ヒツモト
なるほど。しぼるではなくしめるですね。

 

シモダ
はい。この間が空いてしまうとバックスイングでその中にクラブが動いてしまって人差し指のつけ根にクラブが上手く乗りません。

 

Dr.ヒツモト
たしかに実際にやってみるとよくわかりますね。

 

シモダ
ここは普段からクラブを持たないで締める訓練をしておきたいところです。

 

Dr.ヒツモト
親指と人差し指のつけ根を締めるトレーニングですか。何か良い方法はありますか?

 

シモダ
何も使わないでギュッと締める練習でもいいですし、紙や薄い雑誌などを挟んで強くするのも効果的だと思います。

 

Dr.ヒツモト
ゴルフの上達にはそういう地味な練習も必要なんですね。いや今回も大変参考になりました。グリップを見直して綺麗なトップ作りに励みたいと思います。

 

ライン@にご登録頂くと技術、フィジカル、メンタル、クラブなどアマチュアゴルファーの方が上手くなるための全ての分野の情報をご覧頂けます。

ご登録はこのボタンを押してください

友だち追加

タイトルとURLをコピーしました