スイング理論の理解度を短期間で高めるためにやるべきこととは?

東銀座ゴルフスクールでは、このブログのメソッドを使ったレッスンを行っています。

スイング理論の理解度を
高めるメリットとは?

シモダ
シモダ
今回はスイング理論の理解度を短期間で高める方法について考えてみよう。

 

それは面白いですね。
まっつんコーチ
まっつんコーチ

 

シモダ
シモダ
スイング理論が分かるメリットは大きいからね。

 

それは間違いないです。

何よりスイング作りが簡単になりますよね。

まっつんコーチ
まっつんコーチ

 

シモダ
シモダ
部分的な動きの良し悪しと全体の繋がりが分かるとやるべきことが明確になって悩まなくなるね。

 

後は練習で感覚を作ってそのスイングをコースに持っていけばいいですからね。
まっつんコーチ
まっつんコーチ

 

シモダ
シモダ
それに理論が分かってくると練習も楽しいから。

 

楽しさは大事ですね。

その結果上達も早くなりますよね。

まっつんコーチ
まっつんコーチ

 

理論の理解度を高める
具体的な方法

方法1
動きを言語化する

シモダ
シモダ
理論を短期間で理解するためにまずやっておきたいのが動きの言語化だね。

 

自分の今の動きを言葉にするということですね。
まっつんコーチ
まっつんコーチ

 

シモダ
シモダ
そう。

その作業をすることで現状の動きを自分の意識に上げることができるから。

 

感覚だけでは意識できない部分がありますよね。
まっつんコーチ
まっつんコーチ

 

シモダ
シモダ
何となくできなくもないけどそれだと弱いよね。

言葉にすることで強く意識化できるというのはあるから。

 

意識に上げることで動きの良し悪しが分かるということですかね?
まっつんコーチ
まっつんコーチ

 

シモダ
シモダ
と言うか良し悪しの前にまずは自分の動き自体をしっかりと把握する必要があるということだな。

そうすることでどんな理論にも対応しやすくなるから。

 

なるほど。

動きが良いか悪いかはその人がやりたい理論によって変わってきますしね。

まっつんコーチ
まっつんコーチ

 

シモダ
シモダ
理論も多様性があるから。

でもその先に意識に上げないと動きは完全には変えられないという問題はどんな理論でも関係なく共通してるけど。

 

たしかに動きを変えて結果に繋がることで理論が活きるわけですからね。

動きを変える作業ができないと理論を考えること自体が無駄になりますね。

まっつんコーチ
まっつんコーチ

 

シモダ
シモダ
そういう意味でも動きを言葉にするのは重要だよね。

 

言語化というのは例えば具体的にスイングのスタートはクラブヘッドをシャット気味に30cm真っ直ぐ引く、そのためには左手小指を絞るように動かしてクラブを上げるという感じですよね?
まっつんコーチ
まっつんコーチ

 

シモダ
シモダ
それでもいいし、ダウンスイングはお腹をグッと凹ませて腰をクルッと回転するみたいなもっと抽象的な感じでもいいよね。

 

なるほど。

自分なりの抽象的な言葉で良いからできるだけ多くの動きを言葉にしておいた方がいいということですね。

まっつんコーチ
まっつんコーチ

 

シモダ
シモダ
もちろん一度に沢山は無理だから部分に分けてどんどん言語化していくのが良いね。

 

たしかにそうやって練習していると自分のスイングがイメージしやすくなりますね。
まっつんコーチ
まっつんコーチ

 

シモダ
シモダ
そうなんだよ。

自分の動きがいろいろと分かってくる。

 

そうなるといろいろな情報も取り入れやすくなりますね。
まっつんコーチ
まっつんコーチ

 

シモダ
シモダ
そこが今回のテーマであり、動きの言語化の一番の狙いだよ。

動きの言語化ができてると新しい理論を聞いたり読んだりしたときの理解力が全く違ってくるから。

 

それが理解度を短期間で上げられるかどうかの差になるわけですね。
まっつんコーチ
まっつんコーチ

 

シモダ
シモダ
そう。

それと変えたい動きも理論的に修正することができるというメリットもある。

例えば新しい知識が入ってスイングのスタートをややオープンフェースに上げたいと思った場合、「今の自分動きはかなりシャット気味だからクラブヘッドのトゥから上げる感じで思い切りフェースを開いてちょうど良い動きになるはず」というように頭の中で自分なりの動きの組み立てが作れるようになるから。

 

修正したいポイントが頭の中から変えられるということですね。
まっつんコーチ
まっつんコーチ

 

理論の理解度を高めるためにまず最初に行わなければならないのが動きの言語化です。言葉にすることで自分の動きが意識できるようになり新しい理論も頭に入りやすくなります。また自分の動きを把握していることで動きの修正もやりやすくなります。

 

方法2
動きに名前を付ける

シモダ
シモダ
言語化の次にやりたいのが動きに名前を付けるということ。

 

それは必要ですね。

動きに呼び名をつけることで動きの流れが分かりやすくなります。

まっつんコーチ
まっつんコーチ

 

シモダ
シモダ
抽象度を上げていくつかの動きをひとまとまりにして名前を付けることで動きの管理がしやすくなるから。

 

それは自分だけが分かる言葉でもいいですか?
まっつんコーチ
まっつんコーチ

 

シモダ
シモダ
それでも良いし、レッスンの場合はいろいろなパターンの動きに名前を付けて共通語にしておくとスイングの修正や管理がスムーズにいくよね。

 

なるほど。
まっつんコーチ
まっつんコーチ

 

シモダ
シモダ
例えばうちの理論で言うと切り返しの動きを良くする方法としてグリップのスライドという動きを使うんだけど、これは複数の動きの組み合わせをその言葉ひとつで表すことでお互いが理解がしやすくなってる。

 

意思伝達がスムーズですよね。
まっつんコーチ
まっつんコーチ

 

シモダ
シモダ
レッスンの場合は意思伝達がスムーズになるというのはメリットしかないし。

 

まさにそうですね。

理論を理解して実践したことになりますしね。

レッスンの最終ゴールが見えますね。

まっつんコーチ
まっつんコーチ

 

動きのまとまりに名前を付けることで理論を実践的に活用することができます。またそれにより理解が早まるという良い流れを作ることができます。

 

まとめ

  • 理論の理解度を早めるためには動きの言語化が必要
  • 動きのまとまりに名前を付けることで理論を実践的に理解することができる

 

松島圭祐コーチ(通称まっつん)
専修大学在学中から、セヴンスイングゴルフコーチング創始者の下田信司のもとでゴルフ上達の理論とコーチングを学ぶ。
延べ200時間以上にも及ぶレッスン研修を実施し、指導者としてのスキルを得る。
2019年PGAプロテストにて、プロゴルファー第1号となる加藤勇希プロを輩出。
ゴルフ界の常識に捉われず、ゴルフ界根本的に変えるべく研究をし続ける次世代のスイングクリエイター。

 

ライン@にご登録頂くと技術、フィジカル、メンタル、クラブなどアマチュアゴルファーの方が上手くなるための全ての分野の情報をご覧頂けます。

ご登録はこのボタンを押してください。

友だち追加

タイトルとURLをコピーしました