スイング中の力みを取る具体的な方法について

シモダ
シモダ
今回はスイングの力みについて考えてみよう。

 

アマチュアの方はどうしても力んでしまう人が多いですよね。
まっつんコーチ
まっつんコーチ

 

シモダ
シモダ
たしかに。
スイングがスタートした瞬間から当てたい気持ち全開の人は多いね。

 

飛ばしたいという気持ちが強いからですかね?
まっつんコーチ
まっつんコーチ

 

シモダ
シモダ
それとミスしたらどうしようという不安もあるな。
どうしても過去のミスが頭によぎるから。

 

その気持ちはよくわかります。

ゴルフってミスのスポーツなんだけどそのミスが与える精神的ダメージが大きいですからね。

まっつんコーチ
まっつんコーチ

 

シモダ
シモダ
そういう意味で力まないためにはメンタルの問題をどうやって技術で解決するかが最大の課題になるね。

 

多くの方が過去のミスの記憶によって無意識に力みが生まれてしまいます。

 

東銀座ゴルフスクールでは、このブログのメソッドを使ったレッスンを行っています。

力まないための方法とは?

シモダ
シモダ
力むとまず手や腕に力が入るので、そこの力を上手く抜いていけばある程度は力みを減らせるよね。

 

なるほど。

たしかに緊張するとクラブを握り過ぎますよね。

まっつんコーチ
まっつんコーチ

 

シモダ
シモダ
特に左を握り過ぎるよね。
それでクラブを上手く使えなくなってしまう。

 

左手に力が入ると身体の回転が止まってクラブの振り遅れになりますね。
まっつんコーチ
まっつんコーチ

 

 

シモダ
シモダ
そう。
だから左手の小指を握らないようにして打つ方法がおすすめ。

 

左手小指ですか?
まっつんコーチ
まっつんコーチ

 

シモダ
シモダ
技術的に力みを突き詰めていくと多くの場合は左腕に力を入れ過ぎることがその原因で、その左腕の力みは小指を握り過ぎることから始まってるという結論に至ったわけよ。

それって面白い発見ですよね。

万人に効果ありならメンタルを超える技術ということですからね。

まっつんコーチ
まっつんコーチ

 

シモダ
シモダ
まあもちろんすべてのケースがそれで解決するわけではないけど、力みが強い人はこのやり方で解決することも多いね。

 

それは多くの人に一度試してもらいたいですね。

自分も早速次のレッスンで試してもらいます!

まっつんコーチ
まっつんコーチ

 

緊張してくると左手の小指を握り過ぎてしまいその握り過ぎがスイング全体の力みの根本的な原因になっている場合が多くあります。これは左手の小指を離すかもしくは極力握らないでスイングすることで防ぐことができます。

 

​松島圭祐コーチ
(通称まっつん)

専修大学在学中から、セヴンスイングゴルフコーチング創始者の下田信司のもとでゴルフ上達の理論とコーチングを学ぶ。

延べ200時間以上にも及ぶレッスン研修を実施し、指導者としてのスキルを得る。

2019年PGAプロテストにて、プロゴルファー第1号となる加藤勇希プロを輩出。

ゴルフ界の常識に捉われず、ゴルフ界根本的に変えるべく研究をし続ける次世代のスイングクリエイター。

松島コーチのレッスンは東銀座ゴルフスクールで受講できます!

 

ライン@にご登録頂くと技術、フィジカル、メンタル、クラブなどアマチュアゴルファーの方が上手くなるための全ての分野の情報をご覧頂けます。

ご登録はこのボタンを押してください。

友だち追加

タイトルとURLをコピーしました