ラウンド前のワンポイントレッスン① 「スタート前の練習で気をつけたい3つのポイントについて」

スタート前の練習を上手く活用することで良いスコアでラウンドできる確率が上がります。

今回はその練習で気をつけるポイントについてお話しします。

 

東銀座ゴルフスクールでは、このブログのメソッドを使ったレッスンを行っています。

スタート前の練習で気をつけたい
3つのポイント

ポイント①
ストレッチをしっかりと行う

まずはストレッチをしっかりとやりましょう。

よくウォーミングアップ無しですぐにボールを打ち始める方を見かけますが、身体が硬い状態では良いスイングはできません。

また、身体の動きが悪い状態で練習してスタート前にミスショットをしてしまうのはラウンド中のメンタルにも悪い影響を与えます。

特に胸を捻るストレッチが重要

ゴルフスイングでは解剖学的に可動域が大きい胸椎の捻りを使います。

スムーズなスイングをするためには、ボールを打つ前には特にこの胸を捻るストレッチを入念に行うことをおすすめします。

 

ポイント②
軽く打つ

スタート前の練習から力みは禁物です。

一度力みのスイッチを入れてしまうとなかなか脱力した状態に戻せなくなります。

練習場では飛距離を気にしないで7割くらいの力でスイングすることをおすすめします。

下の動画のように軽い素振りと軽いスイングを心掛けましょう!

切り返しの支点ずらし素振りからのショット

 

ポイント③
リラックスする

スタート前の練習で緊張してしまうのは良いラウンドの妨げになります。

適度な緊張感は必要ですが、緊張が強くなり過ぎるのは問題です。

緊張が強いと人間の脳は交感神経が優位な状態になってしまい冷静な判断ができなくなります。

練習からスタートまで音楽や香りなどを上手く活用して、なるべくリラックスできる環境を作りましょう。

 

タイトルとURLをコピーしました