シンプルで安定したプロレベルのスイングを作ることは決して難しくはない

   2019/03/12

綺麗なXの形に近づくことで
ゴルフスイングの完成度が上がる

アマチュアゴルファーの方でもプロレベルのスイングを作ることは可能です。

プロレベルのスイングとは?

その条件は2つです。

ひとつは振りがスムーズであること、そしてもうひとつがミート率が高いことです。

振りをスムーズにすることは、素振りやショートアイアンの練習を集中的に行えば簡単にクリアできます。

問題はいかにミート率を高くするかということです。

その問題を解決するためには、当たる動きを徹底的にシンプルに理解する必要があります。

P.X(パーフェクトエックス)理論ならその当たる動きが完全に視覚化されるため誰でも簡単に理解できます。

P.X理論では、バックスイングのクラブラインとダウンスイングのクラブラインが綺麗なXの形になることがスイング作りのゴールと定義しています。

なぜならバックスイングとダウンスイングのクラブラインが作るこの綺麗なXの形こそが、年齢性別に関わらずミート率を高める究極の動きが可視化された形だからです。

パーフェクトXの条件とは?

支点とダウンスイングのラインが
パーフェクトXを見極めるポイント

バックスイングとダウンスイングのクラブラインが作るXがパーフェクトな形かどうかを判断するための2つのポイントがあります。

その重要ポイントがXの支点の位置ダウンスイングのクラブライン指す位置です。

まず支点ですが、その位置によってバックスイング〜切り返しがどういう動きになっていたかを判断することができます。

切り返しからの身体とクラブの動きが良い場合は必ずダウンスイングのグリップ位置、もしくはそのやや下にXの支点ができます。

次にダウンスイングのクラブラインが指す位置です。

切り返しの動きをミスなくダウンスイングに移行できた場合は、そのときに身体(骨盤)の起き上がりのミスがなければ、必ずダウンスイングのクラブラインはボールを指す形になります。

Xの支点の位置がダウンスイングのグリップ位置よりも下にあり、その時のクラブラインボールと重なるのがパーフェクトXの形

エラーな動きで作られるXの形とは

逆にトップからダウンスイングへの切り返しでクラブを立てるというエラーな動きをした場合には、Xの支点は自分の肩よりも上になります。

この支点が肩よりも上のXはスイングの一番の致命的なミスの形であり、この形を作る切り返しの動きの反動がミート率を大きく下げる結果に繋がってしまいます。

また、この切り返しでクラブを立てた場合はダウンスイングのクラブラインがボールよりも手前を指す形になります。

切り返しでクラブを立てるミスの動きをした場合には、Xの支点が肩よりも上になりダウンスイングのクラブラインがボールの手前を指す形になる。

フラットなバックスイングで作られるXの形

パターン1
フラットなバックスイングから切り返しを成功した場合

バックスイングでクラブを寝かせてフラットに上げてクラブを立てない良い切り返しをした場合は、支点がボール寄りの上が大きく広がったXの形になります。

まずバックスイングがフラットな動きでは、そのバックスイングのクラブライン(赤線)ボールよりも外を指します。

切り返しを立てないということは、当然バックスイングの軌道よりも更にフラットな軌道でクラブを下すことになるためダウンスイングのクラブライン(青線)ボールよりも外を指します。

これはトッププロにもよく見かける形でそれほど悪い動きではありません。

しかし、この動きではインパクト直前で手を使って軌道を調整する必要があるため、パーフェクトXのスイングに比べて手首の動きが多めのスイングになります。

バックスイングがフラット軌道で切り返しを成功した場合は、Xの支点がボール寄りになり、ダウンスイングのクラブラインがボールの外を指す。

パターン2
フラットなバックスイングから切り返しを失敗した場合

バックスイングでクラブを寝かせてフラットに上げて切り返しでクラブを立てるミスの動きをした場合は、支点が肩よりも上にありダウンスイングのクラブラインが(青線)バックスイングのクラブライン(赤線)の上から重なる逆Xの形になります。

この切り返しが立つ動きでは、ダウンスイングのクラブラインはボールの手前を指します。

実はこのフラットなバックスイングから切り返しでクラブを立たせた逆Xの形こそがアマチュアゴルファーの方に最も多く見られるスイングのパターンです。

バックスイングがフラット軌道で切り返しを失敗した場合は、Xの支点が肩の上になり、ダウンスイングのクラブラインがボールの手前を指す。

安定性とシンプルさを求めるなら
パーフェクトXのスイングを目指すべし

フラットなバックスイングはありとは言え、インパクト直前で軌道を修正する手の器用さが必要なうえ、切り返しでクラブが立ちやすいという難しさがあるので、アマチュアゴルファーの方にはやはりパーフェクトXのスイングを目指すことをおすすめします。

そのためには、まずはバックスイングのクラブラインのチェックと切り返しからダウンスイングを必ず上げたクラブラインよりも倒して下すという綺麗なXを意識して練習することが大事です。

理論を理解して練習を重ねれば必ずシンプルで安定したプロレベルのスイングが身につきますので、ぜひXのスイングにチャレンジしてみてください。

P.X理論のすべてを公開!
下田信司 レッスン会

実際のレッスンでは最新のP.X理論を使って悩めるゴルファーのスイングをプロレベルまで引き上げます!

下田信司神戸&東京レッスン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket