シンプルで安定したプロレベルのスイングを作ることは決して難しくはない




綺麗なXの形に近づくことで
ゴルフスイングの完成度が上がる

アマチュアゴルファーの方でもプロレベルのスイングを作ることは可能です。

プロレベルのスイングとは?

その条件は2つです。

ひとつは振り方がスムーズであること、そしてもうひとつがミート率が高いことです。

振り方をスムーズにすることは、素振りやショートアイアンの練習を集中的に行えば簡単にクリアできます。

問題はミート率を高くするということです。

そのミート率アップの問題を解決するためには、当たる動きをシンプルに理解する必要があります。

PX(パーフェクトエックス)理論ではその当たる動きが完全に視覚化されるため、ミート率が高いスイングの動きを誰でも簡単に理解できます。

PX理論では、バックスイングのクラブラインとダウンスイングのクラブラインが綺麗なXの形になることをスイング作りのゴールと定義しています。

なぜならバックスイングとダウンスイングのクラブラインが作るこの綺麗なXの形こそが、年齢性別に関わらずミート率を高める究極の動きが可視化された形だからです。

 

パーフェクトXの条件とは?

支点とダウンスイングのラインが
パーフェクトXを見極めるポイント

バックスイングとダウンスイングのクラブラインが作るXがパーフェクトな形かどうかを判断するための2つのチェックポイントがあります。

その重要なポイントがXの支点の位置ダウンスイングのクラブラインが指す位置です。

まずXの支点ですが、その支点位置によってバックスイング〜切り返しがどういう動きになっていたかを判断することができます。

切り返しからの身体とクラブの動きが良い場合はグリップ位置、もしくはそのやや下にXの支点が作られます。

次にダウンスイングのクラブラインが指す位置です。

切り返しの動きをミスなくダウンスイングに移行できた場合は、ダウンスイングのクラブラインがボールを指す形になります。

Xの支点の位置がダウンスイングのグリップ位置よりも下にあり、その時のクラブラインボールと重なるのがミート率が高いパーフェクトXの形です。

 

エラーな動きで作られるXの形とは?

逆にトップからダウンスイングへの切り返しでクラブを立てるというエラーな動きをした場合には、Xの支点は自分の肩よりも上になります。

この支点が肩よりも上のXはゴルフスイングの一番の致命的なミスの形であり、この形を作る切り返しの動きの反動がミート率を大きく下げるインパクトの動きに繋がってしまいます。

また、この切り返しでクラブを立てるというエラーな動きをした場合は、ダウンスイングのクラブラインがボールよりも手前を指す形になります。

切り返しでクラブを立てるミスの動きをした場合には、Xの支点が肩よりも上になりダウンスイングのクラブラインがボールの手前を指す形になります。

 

まとめ

理論を理解して練習を重ねれば必ずシンプルで安定したプロレベルのスイングが身につきますので、ぜひXのスイングにチャレンジしてみてください。

 

PX理論のすべてを公開!
下田信司 レッスン会

実際のレッスンでは最新のPXメソッドを使って悩めるゴルファーのスイングをプロレベルまで引き上げます!

下田信司神戸&東京レッスン

タイトルとURLをコピーしました