プロレベルのスイングチェックの方法について

今回はプロのスイングをチェックするときのポイントについて詳しく解説してみたいと思います。

 

東銀座ゴルフスクールでは、このブログのメソッドを使ったレッスンを行っています。

プロとアマでは
チェックポイントが違うのか?

シモダ
シモダ
今回はプロレベルのスイングをチェックするときにどこを観るかについて話そう。

 

それは高度な話になりそうですね。
まっつんコーチ
まっつんコーチ

 

シモダ
シモダ
いや、基本的にはプロもアマのスイングをチェックするポイントは変わらないのでアマチュアゴルファーの方にも参考になると思うよ。

 

なるほど。

たしかにプロだからといって特別な動きをチェックするわけではないですもんね。

まっつんコーチ
まっつんコーチ

 

シモダ
シモダ
まあより細かくはなるけど。

 

プロでもアマでもスイングのチェックポイントが特別変わることはありません。

 

スイングチェックの
重要ポイントとは?

ポイント1
アドレスとスタート

特に気にしてチェックする重要ポイントはありますか?
まっつんコーチ
まっつんコーチ

 

シモダ
シモダ
それはあるね。

外せないポイントが。

 

それはどこですか?
まっつんコーチ
まっつんコーチ

 

シモダ
シモダ
まず最初にチェックするのがアドレスの肩のラインだね。

 

やはりそこはマストですよね。
まっつんコーチ
まっつんコーチ

 

シモダ
シモダ
本人が狙っている所と構えがズレていると上手く振れないからね。

 

たしかに。

本人の意識とのズレが大きいところなので崩れやすいポイントでもありますよね。

まっつんコーチ
まっつんコーチ

 

シモダ
シモダ
次のチェッポイントはスイングのスタートでのクラブヘッドの動きなんだけど、この肩のラインとクラブの動きの2つはプロでも崩れやすいね。

 

スタートのクラブヘッドの動きとは肩のラインに対して並行に引けているかということですね。
まっつんコーチ
まっつんコーチ

 

シモダ
シモダ
そういうこと。

主にチェックするのは肩のラインに対してクラブヘッド外に上げていないかということ。

 

アマの方はほぼ外に上げてますよね。
まっつんコーチ
まっつんコーチ

 

シモダ
シモダ
プロでも調子が悪い時は自分が気付かないうちに外に失敗している場合が多いね。

 

まずはアドレスの肩のラインとスタートでのクラブヘッドの動きをチェックします。

 

ポイント2
インパクトの詰り

その次に大事なポイントはどこですか?
まっつんコーチ
まっつんコーチ

 

シモダ
シモダ
その次はインパクトで詰りがないかだね。

 

詰りですか?
まっつんコーチ
まっつんコーチ

 

シモダ
シモダ
そう。

切り返しからダウンスイングの動きが悪くなるとインパクトが詰まるのでボールが微妙に曲がり出すから。

 

なるほど。

それはダウンスイングからのエラーなんですね。

まっつんコーチ
まっつんコーチ

 

シモダ
シモダ
ダウンスイングでクラブヘッドの軌道が悪くなるか、切り返しからの胸の捩じり戻しが甘くなるかのどちらかが原因になるね。

 

その2つのどちらかが悪くなるとインパクトが詰まるわけですね。
まっつんコーチ
まっつんコーチ

 

シモダ
シモダ
そういうこと。

この2つの動きのどちらかが悪いとインパクトで手元が浮くので詰まったスイングになるよね。

 

それだと当然フェース向きもスクエアにならないからボールは曲がりますね。
まっつんコーチ
まっつんコーチ

 

シモダ
シモダ
そうなるね。

少しでも詰まりがあるとボールコントロールが難しくなる。

 

最後にインパクトでの詰りがないかをチェックします。

プロレベルのスイングでもアドレス、スタート、ダウンスイングの3つチェックがとても重要だということがよくわかりました。
まっつんコーチ
まっつんコーチ

 

シモダ
シモダ
スイングは生き物だから良い調子を維持するためには常に正しくチェックしておく必要があるね。

 

それはアマチュアの方でも同じですね。
まっつんコーチ
まっつんコーチ

 

シモダ
シモダ
もちろん同じだね。
タイトルとURLをコピーしました