ショットレベルを圧倒的に上げるために意識すべきポイントとは?

ミート率を上げるためこの一番大事な動きはトップからダウンスイングへの切り返しの動きです。

しかし、更にショットの精度を上げるためにチェックしておきたいポイントがあります。

今回はそのポイントについて詳しく解説していきます。

 

東銀座ゴルフスクールでは、このブログのメソッドを使ったレッスンを行っています。

トップの形で
ショットの精度が決まる

シモダ
シモダ
今回は少しレベルの高いスイングのポイントについて話そう。

 

切り返しの技術よりもですか?
まっつんコーチ
まっつんコーチ

 

シモダ
シモダ
切り返しの動きが良くなった後の更に先の技術だね。

 

更に先にショットの精度を高めるポイントがあるんですね?
まっつんコーチ
まっつんコーチ

 

シモダ
シモダ
あるよ。

スイング中の左手の甲とクラブフェースの向きがそのポイントだね。

 

つまり、左手甲とクラブフェースの向きを合わせるということですか?
まっつんコーチ
まっつんコーチ

 

シモダ
シモダ
そういうこと。

特にトップでこの2つの向きが揃ってることがとても大事だね。

 

なるほど。

それはたしかに高度ですね。

まっつんコーチ
まっつんコーチ

 

シモダ
シモダ
プロはもちろんだけど、アマチュアの方も動画でスイングを撮影して自分のトップを確認してみることをおすすめするね。

 

トップで左手の甲とクラブフェースの向きが揃っているかをチェックしましょう!

 

トップは第2のアドレス

トップで左手甲とクラブフェースの向きが合っていないとボールが曲がりやすくなるということですね。
まっつんコーチ
まっつんコーチ

 

シモダ
シモダ
ダウンスイングで手だけを使ってクラブフェースの向きを直そうとするからインパクトが難しくなるよね。

 

たしかに切り返しからインパクトまでは一瞬ですからね。
まっつんコーチ
まっつんコーチ

 

シモダ
シモダ
手で合わせにいくからヘッドスピードも思ったように出せないしね。

 

いろいろなエラーが出ますね。
まっつんコーチ
まっつんコーチ

 

シモダ
シモダ
そういう意味でトップはかなり大事。

第2のアドレスとも言えるね。

 

なるほど、トップは第2のアドレスですか。

 

その意識ならただクラブを振り上げた先がトップではなくなりますね。

まっつんコーチ
まっつんコーチ

 

シモダ
シモダ
アドレスを丁寧に構えるようにトップも丁寧に作るという意識が必要だね。

 

それだとバックスイングを上げるイメージも変わってきますね。
まっつんコーチ
まっつんコーチ

 

シモダ
シモダ
すべては繋がりだからバックスイングも自然と丁寧になるね。

 

まっつんもプロを教えてるわけだからこのポイントは常にチェックしないといけないな。

 

はい。

まずはプロのレッスンから徹底チェックしてみます!

まっつんコーチ
まっつんコーチ

 

トップは第2のアドレスだと意識してバックスイングしましょう!

 


松島圭祐コーチ
(通称まっつん)
専修大学在学中から、セヴンスイングゴルフコーチング創始者の下田信司のもとでゴルフ上達の理論とコーチングを学ぶ。
延べ200時間以上にも及ぶレッスン研修を実施し、指導者としてのスキルを得る。
2019年PGAプロテストにて、プロゴルファー第1号となる加藤勇希プロを輩出。

ゴルフ界の常識に捉われず、ゴルフ界根本的に変えるべく研究をし続ける次世代のスイングクリエイター。

タイトルとURLをコピーしました