ショットレベルを上げるために意識すべきポイントとは?

ミート率を上げるために一番大事な動きはトップからダウンスイングへの切り返しの動きです。

その切り返しの動きが良くなったのちに、更にショットの精度を上げるポイントがあります。

今回はそのポイントについて解説してみたいと思います。

 

トップの形で
ショットの精度が決まる

シモダ
シモダ
今回は少しレベルの高いスイングのチェックポイントについて話そう。

 

切り返しの技術よりもですか?
まっつんコーチ
まっつんコーチ

 

シモダ
シモダ
切り返しの動きが良くなったあとの更に先の技術だね。

 

切り返しの更に先があるんですね?
まっつんコーチ
まっつんコーチ

 

シモダ
シモダ
ショットの精度をもっと上げるポイントがあるね。

 

それはぜひ知りたいです!
まっつんコーチ
まっつんコーチ

 

シモダ
シモダ
それはトップでの左手甲とクラブフェースの向きを揃えることだね。

 

トップの左手甲とクラブフェースですか?
まっつんコーチ
まっつんコーチ

 

シモダ
シモダ
そう。

トップの手首の角度は個人差があってもいいけど、この2つの向きが揃ってることがとても大事だね。

 

それはたしかに高度ですね。
まっつんコーチ
まっつんコーチ

 

シモダ
シモダ
このポイントはぜひ自分のスイングを動画に撮って確認してもらいたいね。

 

トップで左手の甲とクラブフェースの向きが揃っているかをチェックしましょう!

 

トップは第2のアドレス

トップで左手甲とクラブフェースの向きが合っていないとボールが曲がりやすくなるということですね。
まっつんコーチ
まっつんコーチ

 

シモダ
シモダ
ダウンスイングに入る前にこの2つの向きがズレているとインパクトでクラブフェースをスクエアに戻すのが難しくなるよね。

 

たしかに切り返しからインパクトまでは一瞬ですからね。
まっつんコーチ
まっつんコーチ

 

シモダ
シモダ
ズレたクラブフェースを修正しようとボールに合わせにいくスイングになるからヘッドスピードも出せないね。

 

振れないスイングになるといろいろなミスが出ますね。
まっつんコーチ
まっつんコーチ

 

シモダ
シモダ
そういう意味でトップはかなり大事で第2のアドレスとも言ってもいいね。

 

なるほど、トップは第2のアドレスですか。

 

そう考えると、ただクラブを振り上げた先がトップだという意識はなくなりますね。

まっつんコーチ
まっつんコーチ

 

シモダ
シモダ
スイング全体が丁寧な動きになるね。

 

トップを第2のアドレスだとイメージするだけでいろいろ良い効果がありますね。
まっつんコーチ
まっつんコーチ

 

シモダ
シモダ
まっつんもプロを教えてるわけだからこのトップのポイントは常にチェックしておいた方がいいな。

 

はい。

まずはプロのスイングからチェックしてみます!

まっつんコーチ
まっつんコーチ

 


松島圭祐コーチ
(通称まっつん)
専修大学在学中から、セヴンスイングゴルフコーチング創始者の下田信司のもとでゴルフ上達の理論とコーチングを学ぶ。
延べ200時間以上にも及ぶレッスン研修を実施し、指導者としてのスキルを得る。
2019年PGAプロテストにて、プロゴルファー第1号となる加藤勇希プロを輩出。

ゴルフ界の常識に捉われず、ゴルフ界根本的に変えるべく研究をし続ける次世代のスイングクリエイター。

 

タイトルとURLをコピーしました