飛んで曲がらないインパクトを作るための3つのポイント

インパクトはトップと同様に動きの繋がりで流れの中でできるものです。

インパクトだけを無理に作ろうとしてもダウンスイングで無駄な力が入ってクラブの振り遅れになるだけで、決して良いスイングにはなりません。

今回は、飛んで曲がらないボールを打つために必要なインパクトの3つのポイントについて考えてみます。

 

ポイント1
ヘッドが走ることで
長いインパクトが生まれる

飛んで曲がらないボールを打つためには長いインパクトゾーンが必要です。

この長いインパクトゾーンを作るにはインパクトを点ではなく線で考なければなりません。

そのためには、クラブを振り遅れることなく振り抜くことが重要です。

上手く振り抜くためにはクラブヘッドを走らせること、つまりインパクトの少し手前からフォローにかけてクラブヘッドを加速させる必要があります。

インパクトを点ではなく線で考えて、インパクト前からフォローで振り遅れることなくヘッドを加速させることで長いインパクトゾーンが作れます。

ポイント2
インサイドからの軌道が

ヘッドを走らせる

また、クラブヘッドを走らせたインパクトするためには、ダウンスイングでクラブをインサイドから下す動きが必要です。

クラブの軌道をインサイドから下すことで、クラブヘッドに加速が生まれます。

アウトサイドインの軌道では本来のクラブの性能を活かせないためインパクト前〜フォローでヘッドを上手く加速させることができません。

ダウンスイングがアウトから下りてくる軌道ではクラブヘッドを加速させることが難しくなります。

 

ポイント3
ヘッドは右手で加速させる

振り遅れないでクラブヘッドを走らせるには手を使うことが大事です。

特に人差し指の付け根を上手く使うことでクラブヘッドを効率良く加速させることができます。

ヘッドを走らせるキーポイントは右手人差し指にあります。

その動きを覚えるには右手の片手打ち練習がおすすめです。

右手だけで打つとクラブの動き方がわかりやすくなり、クラブヘッドを走らせるコツがつかめます。

まずはハーフスイングから始めて上手く当たるようになってからフルスイングに移行していきましょう。

 

東銀座ゴルフスクールでは、このブログのメソッドを使ったレッスンを行っています。

まとめ

いつも安定したショットを打つためには長いインパクトゾーンが必要です。

その長いゾーンを作るにはインパクトだけを意識するのではなく、力まずにクラブヘッドを走らせることが重要となります。

 

ライン@にご登録頂くと技術、フィジカル、メンタル、クラブなどアマチュアゴルファーの方が上手くなるための全ての分野の情報をご覧頂けます。

ご登録はこのボタンを押してください

友だち追加

タイトルとURLをコピーしました