前傾角度を変えないダウンスイングを簡単に作る方法

シモダ
シモダ
今回はダウンスイングで前傾角度を変えないための技術について話そう。

 

それは凄いですね。

ダウンスイングで前傾がキープできなくて悩んでる方は多いですから。

まっつんコーチ
まっつんコーチ

 

シモダ
シモダ
骨盤が立って上体が起き上がってしまう人がほとんどだよね。

 

そうなるとミート率も下がりますからね。
まっつんコーチ
まっつんコーチ

 

シモダ
シモダ
そういう意味でも前傾キープはゴルフ上達の大事なポイントだね。

 

前傾角度を変えない技術とは?

その前傾を変えないやり方があるんですね。
まっつんコーチ
まっつんコーチ

 

シモダ
シモダ
あるよ。しかも簡単に。

 

ぜひ教えてください!
まっつんコーチ
まっつんコーチ

 

シモダ
シモダ
それは左足を外しながらダウンスイングすることだね。

 

胸の回転をスムーズにするためにやる左足を後ろに下げるあの動きですか?
まっつんコーチ
まっつんコーチ

 

シモダ
シモダ
そう。

以前にも解説したあの左足の動きだね。

 

切り返し〜インパクトで左足を後ろに外すことで前傾が起きないダウンスイングが作れます。

 

なるほど。

たしかに左足を引くと前傾が起きませんね。

まっつんコーチ
まっつんコーチ

 

シモダ
シモダ
逆に左足を踏ん張ると骨盤も上達も起きるよね。

 

そうですね。

踏ん張る反動で起きますね。

まっつんコーチ
まっつんコーチ

 

シモダ
シモダ
つまりこの左足の動きには胸の回転をスムーズにして前傾角度もキープできるという2つの大きなメリットがあるわけ。

 

なるほどー

左足外し恐るべしですね!

まっつんコーチ
まっつんコーチ

 

シモダ
シモダ
しかも思ったほど難しい動きではないのでぜひアマチュアゴルファーの方には取り入れてもらいたい技術だね。

 

そうですね。

では早速自分も詳しいレッスン動画を撮ります。

まっつんコーチ
まっつんコーチ

ということで松嶋コーチが左足の動きについて詳しく解説しているこちらのレッスン動画をぜひご覧ください。

スイングの詰まりを取る!前傾を崩さない方法

 

タイトルとURLをコピーしました