ダウンスイングでは骨盤の前傾をキープすることが大事

   2019/03/12

ダウンスイングで
骨盤を起こさない意識が大事

骨盤が起きるとミスになる

ダウンスイングで骨盤をアドレスで構えた角度よりも起こしてしまう動きは、多くのアマチュアゴルファーの方に見える動きです。

この骨盤が立つ動きはクラブヘッドをインサイド軌道で下す動きを邪魔します。

骨盤が起きる動きの反動はクラブを立てる切り返しに繋がります。

そして、切り返しでクラブが立つことで手元の浮いたオーバーハンドアップのインパクトになり、ミスショットが出てしまいます。

切り返しのでのクラブの動きを修正することはとても大事です。

しかし、それだけでは不十分で実践的なインサイド軌道のダウンスイングを作るには、この骨盤を起こさない動きとセットで考えておく必要があります。

骨盤角度のキープには
強い意識が必要

骨盤の角度は自分が思っている以上に強く意識をしないと簡単に起き上がってしまうものです。

上から人に押さえつけられるくらいの意識で丁度良いでしょう。

まずは練習場で徹底的に意識して、この骨盤が起きない動きを覚えましょう。

骨盤の角度キープのダウンスイングができるようになると、コースの傾斜がある状況でもミート率が上がります。

まとめ

  • 骨盤の角度のキープは強い意識が必要

オンラインサロン「大人のゴルフ学校」では、骨盤の角度をキープする方法について動画で詳しく解説しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメント一覧

  1. […] 今回は骨盤の角度の維持が非常に大切だということを学びました。 […]