インサイド軌道のダウンスイングとその作り方について詳しく考えてみましょう

シモダ
シモダ
今回は改めて詳しくダウンスイングについて考えてみよう。

 

ゴルフスイングで1番大事な動きですね。
まっつんコーチ
まっつんコーチ

 

シモダ
シモダ
そう言っても過言ではないな。

ミート率はダウンスイングの動きで決まるから。

 

ミート率が良くなると当然スコアメイクも楽になりますよね。

 

そういう意味ではゴルフの上達にとっても一番大事なポイントだとも言えますね。

まっつんコーチ
まっつんコーチ

 

シモダ
シモダ
それは間違いない。

 

ダウンスイングの動きの良し悪しがミート率に直結します。

 

神戸レッスン開催中

 

多くの方がプロのようなダウンスイングに憧れてますよね。
まっつんコーチ
まっつんコーチ

 

シモダ
シモダ
しかし、ダウンスイングの動きは難しいからプロのような効率の良いダウンスイングが出来ている人は少ないよね。

 

たしかに。

動きが理論的にわかれば簡単なんですけどね。

まっつんコーチ
まっつんコーチ

 

シモダ
シモダ
そうだね。

切り返しの動きがわかれば誰でもプロレベルのダウンスイングは作れるから。

 

そうですよね。

やはりなんと言っても大事なのは切り返しの動きですよね。

まっつんコーチ
まっつんコーチ

 

プロレベルのダウンスイングの動きをするために特に重要なのがトップからの切り返しの動きです。

 

多くのアマチュアの方は切り返しでクラブを立てる動きになってしまいますよね。
まっつんコーチ
まっつんコーチ

 

シモダ
シモダ
ほぼそうなるね。

切り返しでクラブが立つ反動で手元が浮いたインパクトになってミスが出る。

 

その動きの連鎖がいろいろなミスショットの根本的な原因ですよね。
まっつんコーチ
まっつんコーチ

 

シモダ
シモダ
まさにそれなんだよ。

だからまずはそこを直さない限り上達する可能性が低くなるわけだよ。

 

 

切り返しで上げた軌道よりもクラブを立ててしまうことでダウンスイングの動きがわるくなり、それがあらゆるミスショットの原因となります。

 

東銀座ゴルフスクールでは、このブログのメソッドを使ったレッスンを行っています。

正しいダウンスイングの作り方

では正しい切り返しの動きとはクラブが立たない動きということですね。
まっつんコーチ
まっつんコーチ

 

シモダ
シモダ
そう。

クラブが僅かに背中側に倒れる動きだね。

 

クラブが倒れることで自然にインサイド軌道のダウンスイングになりますよね。
まっつんコーチ
まっつんコーチ

 

シモダ
シモダ
なるね。

しかもそのインサイドからの軌道のダウンスイングによって手元が浮かないインパクトが作れるということだね。

 

切り返しでクラブが立たない動きとはクラブが背中側に少し倒れる動きです。

この動きによってクラブヘッドがインサイド軌道のダウンスイングが作られます。

 

自分の切り返しをチェックして悪い動きをしている場合は早急に修正する必要がありますが、そこで大事なのが直し方ですね。
まっつんコーチ
まっつんコーチ

 

シモダ
シモダ
もちろん直し方がわからないと直せないから。

そこに理論が必要になってくるわけだね。

 

たしかに。

理論的に観て切り返しでクラブを立てる原因として多いのがグリップの軌道のミスですよね。

まっつんコーチ
まっつんコーチ

 

シモダ
シモダ
グリップをインサイドから下ろそうとする問題ね。

 

インサイドからのダウンスイングってグリップがインサイドではなくて、ほんとはクラブヘッドがインサイドからという意味なんですよね。
まっつんコーチ
まっつんコーチ

 

シモダ
シモダ
そこを勘違いしている人は多いなぁ。

 

グリップをインサイドから下ろす方が意識しやすくて自分の感覚ではインサイド感が強くなりますからね。
まっつんコーチ
まっつんコーチ

 

シモダ
シモダ
そうなんだよ。

しかしそれは間違いなんだよ。

グリップが前に動くからクラブが倒れるわけだから。

 

そのグリップの軌道とクラブヘッドの動きの関係性を理解することがほんとの意味のインサイドからのダウンスイングを作る上でとても大事ですね。
まっつんコーチ
まっつんコーチ

 

インサイドの軌道のダウンスイングとはクラブヘッドがインサイドから下りてくるという意味です。

ここで勘違いしやすいのがグリップをインサイドから下ろすと理解してしまうことです。

たしかにその方がインサイドの意識がしやすく、自分の感覚ではインサイドから下ろしている感が強くなりますが、グリップがインサイド方向に頑張るほどにクラブが立つ動きは強くなります。

 

もうひとつクラブを立ててしまう原因としてよくあるのが切り返しで身体を閉じる動きですよね。
まっつんコーチ
まっつんコーチ

 

シモダ
シモダ
ダウンスイングで身体を絶対に開いてはいけないと思い込んでる人は多いから。

 

これもグリップのインサイド軌道と同様に切り返しで身体を閉じるほどクラブが立つ動きは強くなりますよね。
まっつんコーチ
まっつんコーチ

 

シモダ
シモダ
切り返しの動きが成功してクラブヘッドがインサイドの軌道に乗ることで自然と身体は開かなくなるからね。

 

意識的に止めなくても良いということですね。
まっつんコーチ
まっつんコーチ

 

シモダ
シモダ
そういうこと。

無理に身体を閉じるいうことは胸の回転を止めるということだから。

 

そうですよね。

回転が止まると加速も止まっていろいろ弊害が出ますよね。

まっつんコーチ
まっつんコーチ

 

切り返しで意識的に身体を開かないように頑張る動きもクラブを立ててしまうミスに繋がりミスの確率が高くなります。

ダウンスイングで身体が開かない動きもクラブヘッドのインサイド軌道が自然と作るものだと理解しましょう。

 

グリップと身体の動きを考えると、切り返しでの大事な意識はグリップは身体の回転に合わせてボール方向に動かしていくということですよね。
まっつんコーチ
まっつんコーチ

 

シモダ
シモダ
それが切り返しの答えだね。

セヴンスイングメソッドではグリップのスライドと呼んでいるけど、グリップエンドはボールの方向にわずかに動きながら下りてくるのが良い動きだね。

 

そのスライドによってクラブが倒れてインサイド軌道のダウンスイングになりますね。
まっつんコーチ
まっつんコーチ

 

シモダ
シモダ
そういうこと。

つまりグリップのスライドがミート率の高いスイングの核になる動きということだね。

 

グリップのスライドによってクラブが倒れる切り返しになります。

 

シモダ
シモダ
ゴルフのスイングは道具と共にどんどん進化してるけど研究を進めるほどにこのダウンスイングの動きは普遍的なものだと思うな。

そういう意味でこの切り返しの理論とメソッドを理解して実行してもらえば必ず上手くなるよね。

 

それは間違いないですね。

今回のポイントをぜひ練習に取り入れてもらって多くの人にレベルアップしてもらいたいですね!

まっつんコーチ
まっつんコーチ

 

上手くなる情報を配信中!

ライン@にご登録頂くと技術、フィジカル、メンタル、クラブなどアマチュアゴルファーの方が上手くなるための全ての分野の情報をご覧頂けます。

ご登録はこのボタンを押してください

友だち追加

タイトルとURLをコピーしました