インサイドからのダウンスイングとその作り方について考える

スイングで一番重要なダウンスイング

シモダ
今回は改めてダウンスイングについて考えてみたいと思います。

 

ミスターX
スイングで1番大事な動きだからね。

 

シモダ
そうだね。
ゴルフの上達は切り返しからダウンスイングの動きで決まるから。

 

ミスターX
ダウンスイングでミート率の良し悪しが決まるから結果スコアも決まるということだね。

 

シモダ
そう。長期的に見るほどこのダウンスイング動きと結果の良し悪しの関係は顕著になるよね。

ダウンスイングの動きの良し悪しがミート率に直結します。これは当然スコアにも大きく影響します。

ダウンスイングの良し悪しは
切り返しで決まる

ミスターX
まず絶対的に大事なのがダウンスイングのスタートである切り返しの動きだよね。

 

シモダ
そう。このブログでは何度も話しているけど切り返しが一番大事。
スタートでの失敗は取り返しがつかないから。

 

ミスターX
たしかに。ダウンからのインパクトまでは一瞬の動きだからね。

ダウンスイングの動きの中でも特に重要なのがトップからの切り返しの動きです。

切り返しでクラブを立てることが
あらゆるミスを生む

ミスターX
具体的にはクラブが立ってしまう動きがダメということだよね。

 

シモダ
ほぼそのミスで失敗するよね。

 

ミスターX
切り返しでクラブが立つとその反動でインパクト前にクラブが寝るからダフりか右に出てからのスライスになるよね。

 

シモダ
それかそのまま立てて打ちにいくと左への引っ掛けかそこから左肘を抜いての飛ばないバナナスライスだよね。

 

ミスターX
つまり、切り返しでクラブが立つことでミスのほとんどが出てしまうということね。

切り返しで上げた軌道よりもクラブを立ててしまうことでダウンスイングの動きがわるくなり、それがあらゆるミスショットの原因となります。

正しいダウンスイングの作り方

ステップ1
クラブを立てない切り返しを理解する

シモダ
では良いダウンスイングの作り方に話を進めよう。
まずは正しい切り返しの動きをどう作るかだけど、それには良い切り返しの動きを知らないとね。

 

ミスターX
つまり、クラブが立たない切り返しということね。

 

シモダ
そう。切り返しで立たないというのはクラブヘッドが背中側に動きながらインサイドの軌道に乗っていくということね。

切り返しでクラブが立たない動きとはクラブヘッドが背中側に移動しながらインサイドからのダウンスイングの軌道を作るということです。

ステップ2
自分の現状の動きを知る

ミスターX
このクラブヘッドをインサイドからの軌道に乗せることで当たるダウンスイングが作れるということだね。

 

シモダ
そういうこと。
このわずかな動きがその後のダウンスイングの動きを決めるということ。

 

ミスターX
これが分かったら次に自分の切り返しがどうなっているかを知る必要があるよね。

 

シモダ
そうだね。
これは自分でも簡単にチェックできるから。

ステップ3
切り返しの動きを悪くする原因を理解する

ミスターX
自分の切り返しをチェックして悪い動きをしている場合は早急に修正する必要があるよね。

 

シモダ
それは絶対だね。
そうしないと上達する可能性が低くなるよ。

 

ミスターX
切り返しでクラブを立てる原因としてその代表的なものがグリップの軌道だよね

 

シモダ
グリップをインサイドから下ろそうとする問題ね。ここを勘違いしている人は多いよね。

 

ミスターX
インサイドからのダウンスイングとはクラブヘッドがインサイドからという意味なんだけどね。

 

シモダ
でも多くの人がグリップをインサイドから下ろしてしまうよね。

 

ミスターX
グリップをインサイドの方が意識しやすくて自分の感覚ではインサイド感が強くなるからね。

 

シモダ
実際は切り返しでグリップをインサイドからにしてしまうほどクラブが立つ動きになるからこれは危険な動きだよね。

 

ミスターX
そうだよね。
このクラブヘッドとグリップの軌道の関係を理解することがインサイドからのダウンスイングを作る上でとても大事だよね。

インサイドの軌道のダウンスイングとはクラブヘッドがインサイドから下りてくるという意味です。ここで勘違いしやすいのがグリップをインサイドから下ろすと理解してしまうことです。たしかにその方がインサイドの意識がしやすく、自分の感覚ではインサイドから下ろしている感が強くなりますが、グリップがインサイド方向に頑張るほどにクラブが立つ動きは強くなります。

シモダ
もうひとつクラブを立ててしまう原因としてよくあるのが身体を開かないように頑張るという動きだよね。

 

ミスターX
それもあるね。
ダウンスイングで身体を絶対に開いてはいけないと思い込んでる人は多いよね。

 

シモダ
これもグリップのインサイド軌道と同様に切り返しで身体をクローズにしようとすればするほどクラブが立つ動きは強くなるからね。

 

ミスターX
結果ダウンスイングの動きが悪くなってミスになるよね。

 

シモダ
そう。身体が開かないというのも切り返しが成功してクラブヘッドがインサイドの軌道に乗ることで自然とそうなるわけであって意識的に止めてはいけないからね。

切り返しで意識的に身体を開かないように頑張る動きもクラブを立ててしまうミスに繋がりミスの確率が高くなります。ダウンスイングで身体が開かない動きもクラブヘッドのインサイド軌道が自然と作るものだと理解しましょう。

ステップ4
当たるダウンスイングを生む
切り返しの動きを作る

シモダ
では最後に良い切り返しの動きの作り方に詳しく踏み込んでいこう。

 

ミスターX
まず大事な意識は切り返しでグリップはトップ位置から身体の回転に合わせてボール方向に動かしていくというところだよね。

シモダ
そうだね。
うちではグリップのスライドと呼んでいるけどボールの方向にわずかに動きながら下りてくるのが良い動きだね。

 

ミスターX
このときに大事なポイントが手首を無理にタメにいかないということだね。

 

シモダ
切り返しで手首をタメるとグリップと一緒にクラブ全体も一緒に前に引っ張ってくるからね。
結果クラブヘッドがアウトサイドインの軌道になってしまう。

 

ミスターX
手首をタメないでグリップをスライドすることで手は前でクラブヘッドが後ろという関係が生まれるわけだよね。

シモダ
その結果切り返しでクラブが立たないでヘッドがインサイドの軌道という理想的なダウンスイングになるよね。

 

ミスターX
この時点で当たる軌道に乗ってるから後は勝手に良い形のインパクトになるよね。

 

 

シモダ
そうだね。
素直な軌道で下りてきておかしな反動も生まれないから手元の浮かない良いインパクトになるね。

 

ミスターX
ゴルフのスイングは道具と共にどんどん進化してるけど研究を進めるほどにこのダウンスイングの動きは普遍的なものだと思うよね。
そういう意味でこの理論とメソッドを理解して実行してもらえば上手くなる人は多いはずだよね。

 

シモダ
それは間違いないね。
今回のポイントをぜひ練習に取り入れてもらって多くの人にレベルアップしてもらいたいね。

 

ライン@にご登録頂くと技術、フィジカル、メンタル、クラブなどアマチュアゴルファーの方が上手くなるための全ての分野の情報をご覧頂けます。

ご登録はこのボタンを押してください。

友だち追加

タイトルとURLをコピーしました