ダウンスイングでの左脇は締めるべきか?

ダウンスイングと左脇の関係

シモダ
今回はダウンスイングのときの左脇の動きについて考えてみたいと思います。

 

ミスターX
そこは一般的には締めろという意見が多いよね。

 

シモダ
そうだね。
その理由としてはダウンで左脇を締めるからインパクトで手元の浮かない良い動きになるということかな?

 

ミスターX
そうかも。
でもそれは違うと思うけどね。

 

シモダ
実際は逆だよね。

 

ミスターX
ダウンで左脇を締めるほど反動でインパクトが詰まって手元は浮くよね。

 

シモダ
それは間違いない。
インパクトが詰まって右にしか振れないね。

 

ミスターX
つまりインサイドアウトが強くなり過ぎてボールが右にしかいかないスイングになるということね。

 

シモダ
しかも、ダウンスイングで締めるということは切り返しから左脇を締めにいくわけだからクラブが立った動きになるよね。

 

ミスターX
立つね。そうなるとダフりのミスも出るね。 

 

シモダ
つまり左脇を締めるというのはミスの可能性が高くなる危険な動きということだね。

ダウンスイングで左脇を締める動きは切り返しでクラブを立てる動きに繋がります。その結果インパクトで手元の浮いた詰まる動きになりミスショットの確率が高くなります。

 

ダウンスイングで左脇を開けることで
クラブヘッドの軌道が良くなる

ミスターX
結論から言うとダウンスイングでは左脇は開けるべきということだね。

 

シモダ
そうだね。
プロアマ問わず結果の出てる人は皆左脇が開いたダウンスイングをしてるよね。

 

ミスターX
そこは結果に直結してるということね。

シモダ
それは間違いないね。
左脇が開く動きでダウンスイングでのクラブヘッドの軌道が良くなってミート率が上がるというのがその原因だね。

 

ミスターX
切り返しで左脇を開く動きがクラブが立つミスを防ぐということね。

 

シモダ
そう。それでクラブヘッドを上手くインサイドの軌道に乗せられるということ。

 

ミスターX
切り返しが立たないインサイド軌道のダウンと左脇が開く動きは密接に繋がってるということだね。

 

シモダ
そうだね。
だから逆に切り返しの動きが良くなるとダウンスイングで左脇は自然に開くとも言えるね。

年齢、性別に関わらず結果の出ている人のスイングにはダウンスイングで左脇が開いているという共通点があります。

 

左脇を開けたダウンスイングが
バランスの良いスイングを生む

シモダ
左脇を開けたダウンのもうひとつのメリットは身体の回転で振りやすくなるということだね。

 

ミスターX
たしかに。
グリップの軌道にストレスがなくなるから身体の回転と腕の振りが同調しやすくなるよね。

 

シモダ
そう。しっかりと左に振り抜ける感じが強くなるね。

 

ミスターX
当然スイングのバランスも良くなるね。

 

シモダ
そうだね。
バランスも良くなってダウンスイングの力もちゃんとボールに伝わるから飛距離も伸びるね。

 

ミスターX
フィニッシュも崩れないで自然と立てるようになるしね。

 

シモダ
それもあるね。
ダウンスイングで左脇を開けるというのは多くのメリットがあるということだね。

 

ミスターX
このポイントはぜひこのブログの読者の方には試してもらいたいね。

 

シモダ
それはぜひトライしてもらいたいね。

ダウンスイングで左脇を開けた動きはスムーズな身体の回転との親和性が高いためバランスの良いスイングが意識しやすくなります。

 

まとめ

  • ダウンスイングで左脇を締めるとインパクトが詰まった動きになりミスショットの可能性が高くなる。
  • ダウンスイングで左脇を空けることで切り返しの動きが良くなりインサイドの軌道が作れる。
  • ダウンスイングで左脇を開ける動きは身体のスムーズな回転に繋がるためインサイドインの円で振るバランスの良いスイングが作りやすい。

ライン@にご登録頂くと技術、フィジカル、メンタル、クラブなどアマチュアゴルファーの方が上手くなるための全ての分野の情報をご覧頂けます。

ご登録はこのボタンを押してください

友だち追加

タイトルとURLをコピーしました