切り返しの成功、失敗はどうやって見分けるのか?

ゴルフスイングの一番の重要ポイントであるトップからダウンスイングへの切り返しの動きですが、そこが上手くできたのか、それとも失敗したのかというのがいまいち分かりづらいという方も多いと思います。

そこで今回は切り返しが成功したのか失敗したのかを簡単に見分ける方法について解説します。

 

東銀座ゴルフスクールでは、このブログのメソッドを使ったレッスンを行っています。

切り返しがショットの
良し悪しを決める

切り返しの成功、失敗とは?

そもそも切り返しの動きの成功、失敗とはどういうことかと言うと、トップにいく軌道よりもダウンに入るときにクラブを立ててしまうと失敗、その逆にトップを作る軌道よりもやや背中側からの軌道で下ろすことができれば成功となります。

私の理論ではこの失敗の動きを切り返しが立つと表現しています。

そして、この切り返しが立つことが多くのミスショットの根本的な原因になっていると考えています。

トップを作る上げる軌道(赤ライン)よりもダウンの動きに入る軌道(青ライン)の方がクラブが立った状態になることで、クラブヘッドが正しく当たるダウンスイングの軌道から外れてしまいます。

そして、その動きの連鎖が様々なミスショットの原因となってしまいます。

 

成功と失敗の
簡単な見分け方

先程の写真は分かりやすい動きをしているので、誰でも簡単に切り返しが立つが見抜けると思います。

しかし、オーバースイングやクロスシャフト、またはバックスイングの軌道が超アップライトにクラブを立てて上げた場合などスロー動画に撮って見ても切り返しの動きの良し悪しが分かりづらいというスイングの方も多くいらっしゃいます。

そこで、その場合の簡単な見分け方をご紹介します。

それはバックスイングの軌道とダウンスイングの軌道でクラブが作る三角形の向きを確かめる方法です。

 

失敗の場合

赤ラインがバックスイング途中、青ラインがダウンスイング途中のクラブのポジションです。

この2つのクラブのラインを重ねると上から下に広がる上向きの三角形の形ができあがります。

この形ができた場合は切り返しが立った失敗の動きをしたということになります。

 

成功の場合

切り返しが成功した場合は先程とは逆に写真のような下から上に広がる下向きの三角形ができあがります。

この方法なら上げる軌道に関係なく簡単に切り返しの動きの良し悪しがチェックできます。

 

 

まとめ

  • バックスイング途中とダウンスイング途中のクラブの角度を調べることで簡単に切り返しの動きが成功しているかそれとも失敗しているのかがチェックできます。ぜひ、皆さんもご自分のスイングを動画に撮ってスイング解析アプリ等を使って調べてみてください。

 

ライン@にご登録頂くと技術、フィジカル、メンタル、クラブなどアマチュアゴルファーの方が上手くなるための全ての分野の情報をご覧頂けます。

ご登録はこのボタンを押してください

友だち追加

タイトルとURLをコピーしました