これを読めばゴルフスイングがシンプルになる!悩めるゴルファーを救う思考法

東銀座ゴルフスクールでは、このブログのメソッドを使ったレッスンを行っています。

この対談記事のポイント

  • ボールが曲がる根本原因はインパクトでのハンドアップの動きが大きくなり過ぎるため。
  • クロスダウンを防いでインパクトの動きを修正することでミート率が上がる。

 

ボールが曲がる根本的な原因とは

シモダ
シモダ
今回はボールが曲がる原因とどうすれば曲がらないスイングができるかについて詳しく解説してみたいと思います。

 

それはぜひお願いします。
Dr.ヒツモト
Dr.ヒツモト

 

シモダ
シモダ
まずボールが曲がる原因についてですが、単純にインパクトのときにフェースの向きが開いていたら右に、逆に閉じていたら左に曲がるミスになります。

 

ほんとに単純ですね。
Dr.ヒツモト
Dr.ヒツモト

 

シモダ
シモダ
そうなんです。

インパクトでフェース向きがアドレスで構えた向きに戻せないからボールが真っ直ぐに飛ばせないわけです。

 

そのフェースの向きがアドレスの向きに戻せないのはなぜなのでしょう?
Dr.ヒツモト
Dr.ヒツモト

 

シモダ
シモダ
その原因にはインパクトでのクラブの角度が関係しています。

 

角度ですか?
Dr.ヒツモト
Dr.ヒツモト

 

シモダ
シモダ
はい。
まずアドレスでクラブを構えたときの角度がありますよね。

 

アドレスの手首とクラブの角度ですか?
Dr.ヒツモト
Dr.ヒツモト

 

シモダ
シモダ
そうです。
その角度に限りなく近い角度でインパクトできればボールは曲がりません。

 

なるほど。
その角度をキープすることが大事なわけですね。
Dr.ヒツモト
Dr.ヒツモト

 

シモダ
シモダ
しかし、そのアドレスでのクラブ角度よりもインパクトでの角度が起き過ぎた動きになると曲がるミスボールなってしまいます。

 

起き過ぎた形ですか。
つまり、インパクトでハンドアップの動きが大きくなるということですね。
Dr.ヒツモト
Dr.ヒツモト

 

シモダ
シモダ
そうです。
クラブが起きるとクラブフェースは開く動きになるので、その結果ボールは右に曲がるミスになります。

 

クラブが起きるとフェースが開くんですね。
Dr.ヒツモト
Dr.ヒツモト

 

シモダ
シモダ
はい。
起きる動きが大きくなるほどにフェースの開きも大きくなります。

 

なるほど。

それでプッシュやスライスの右へのミスが出るわけかぁ。
では、逆に左へのミスはどういう原因なんですか?

Dr.ヒツモト
Dr.ヒツモト

 

シモダ
シモダ
左へのミスはクラブが起きてフェースが開くミスを防ごうとしてインパクトで強引にフェースを返すことが原因ですね。

 

開くフェースを強引に閉じると左、その感じはなんとなく分かりますね。
Dr.ヒツモト
Dr.ヒツモト

 

シモダ
シモダ
インパクトでのオーバーハンドアップの動きを修正しないまま強引にフェース向きを変えようとするから逆に左へのミスボールが出てしまうということですね。

 

オーバーハンドアップか。

よくインパクトで手元が浮くという言葉を耳にしますが、同じ意味ですね。

Dr.ヒツモト
Dr.ヒツモト

 

シモダ
シモダ
そうですね。
それと同じ意味です。

 

つまり、ボールが左右に曲がるミスの始まりはインパクトでハンドアップになり過ぎることだと考えても良いということですね。
Dr.ヒツモト
Dr.ヒツモト

 

シモダ
シモダ
その通りです。
インパクトでのオーバーハンドアップになることでフェースが開いてまず最初に右へのミスが出ます。
次にそれを防ごうとフェース(手を)返し過ぎて左のミスが出ます。

 

その状態では左を嫌がるとまた右へのミスになりますよね。
Dr.ヒツモト
Dr.ヒツモト

 

シモダ
シモダ
はい。
オーバーハンドアップを直さない限りはずっとその繰り返しになります。

 

そうやってどんどんミスの深みにハマるゴルファーが多いわけですね。
Dr.ヒツモト
Dr.ヒツモト

 

インパクトでオーバーハンドアップの動きがボールが曲がる根本的な原因です。

 

オーバーハンドアップの原因とは?

では、そのオーバーハンドアップを直すにはどうすればよいのでしょう?
Dr.ヒツモト
Dr.ヒツモト

 

シモダ
シモダ
直し方の前にオーバーハンドアップのインパクトになる原因について解説します。

 

たしかに、原因が分からないと直せませんね。
Dr.ヒツモト
Dr.ヒツモト

 

シモダ
シモダ
オーバーハンドアップになる原因はトップからダウンスイングへの切り返しの動きのミスです。

 

やはり、そうですよね。
切り返しでクラブを立ててしまうミスの影響ですね。
Dr.ヒツモト
Dr.ヒツモト

 

シモダ
シモダ
そうなんです。
切り返しでクラブを立ててしまうと必ずその反動が出てしまいます。

 

その反動がオーバーハンドアップなんですね。
Dr.ヒツモト
Dr.ヒツモト

 

シモダ
シモダ
はい。
まさにその通りです。

 

なるほど。
以前から言われていた切り返しのミスからのクロスダウンの動きはこのインパクトのミスに繋がるわけですね。
Dr.ヒツモト
Dr.ヒツモト

 

シモダ
シモダ
そうなんです。

切り返しでクラブが立つことでダウンスイングがクロスダウンになり、その結果インパクトのオーバーハンドアップになります。
この繋がり、つまり理論が分かっていないとミート率の良い曲がらないスイングは作れないんです。

 

切り返しでクラブを立てる動きは、写真のようにバックスイングで上げたクラブの角度よりも立ったダウンスイングの軌道(クロスダウン)を作ってしまいます。このクロスダウンの反動でインパクトがオーバーハンドアップの動きになりボールが曲がるミスショットが出てしまいます。

 

オーバーハンドアップの直し方

インパクトのオーバーハンドアップを直すには切り返しの動きを変えるしかないわけですね。
Dr.ヒツモト
Dr.ヒツモト

 

シモダ
シモダ
そういうことです。
切り返しでクラブが立たなくなるとクロスダウンも自動的に改善されてインパクトのオーバーハンドアップも直ります。

 

まず一番重要なのがこの切り返しでクラブが立たない動きです。

この切り返しが立たない動きによってクロスダウンも自動的に修正されます。

その結果インパクトのオーバーハンドアップの動きも改善されます。

 

切り返しでクラブが立つ動きを直すための具体的な練習法はありませんか?
Dr.ヒツモト
Dr.ヒツモト

 

シモダ
シモダ
ベストな練習法は体操ですね。

 

体操ですか?
Dr.ヒツモト
Dr.ヒツモト

 

シモダ
シモダ
はい。

ボールを打たない体操で切り返しの手と身体の動きを癖付けるのが簡単で最も早い直し方です。

 

体操なら我々アマチュアでも簡単にやれそうですね。
Dr.ヒツモト
Dr.ヒツモト

 

シモダ
シモダ
はい。

しかもクラブもいらないのでどこでもできるのも体操のメリットですね。

 

シモダ
シモダ
写真のように両手を合わせてバックスイングしたところから切り返しでクラブが背中側に倒れるイメージでダウンスイングへ向けて手を動かしていきます。

 

なるほど。

切り返しでクラブを倒す感じが大事ですね。

Dr.ヒツモト
Dr.ヒツモト

 

シモダ
シモダ
はい。

実際にクラブを持っているようにしっかりとイメージして両手を動かします。

 

この動きを繰り返せばよいわけですね。
Dr.ヒツモト
Dr.ヒツモト

 

シモダ
シモダ
そうです。

この体操で身体がスムーズに動くようになれば、実際のスイングも徐々に変わってきます。

 

了解しました。
では、早速今日から実践します!
Dr.ヒツモト
Dr.ヒツモト

 

ライン@にご登録頂くと技術、フィジカル、メンタル、クラブなどアマチュアゴルファーの方が上手くなるための全ての分野の情報をご覧頂けます。

ご登録はこのボタンを押してください

友だち追加

タイトルとURLをコピーしました