スイングが観える目を作る方法について詳しく解説します

東銀座ゴルフスクールでは、このブログのメソッドを使ったレッスンを行っています。

スイングを観る目を作るメリットとは

シモダ
シモダ
今回はスイングを観る目、つまり観察力について考えてみよう。

 

それは自分以外の人のスイングも含むってことですね。
まっつんコーチ
まっつんコーチ

 

シモダ
シモダ
そうだね。

年齢、性別、プロ、アマを超えてすべての人のスイングだね。

 

それってレッスンする側はもちろんですが、自分が上達するためにも大事なスキルですよね。
まっつんコーチ
まっつんコーチ

 

シモダ
シモダ
間違いなく大事だね。

スイングを観る目が無くても上手くなってる人はいるけど、それは一部の凄くゴルフ感覚が優れた人だよね。

 

そういう人はプロに多いですよね。

いわゆるセンスのある人ですね。

まっつんコーチ
まっつんコーチ

 

シモダ
シモダ
そう。

でもそうじゃない人はスイングが分かる目は鍛えておいた方がいいのは間違いない。

 

たしかに、スイングを観察する力があると自己判断ができるのでスイングに迷わなくなりますしね。

もし不調になっても修正する時間が少なくて済みます。

まっつんコーチ
まっつんコーチ

 

シモダ
シモダ
単純に自分の動きがどうなっているかが分かるからな。

それに絡むけど他の人の動きの良し悪しが分かるというのも大事だね。

 

たしかに。

人の良いところが分かると真似できますしね。

まっつんコーチ
まっつんコーチ

 

シモダ
シモダ
他にも沢山あるいろいろな情報の中から自分に合ったものを取捨選択できるようになるというのも大きなメリットだな。

 

なるほど。

特に今は凄い情報量ですもんね。

まっつんコーチ
まっつんコーチ

 

スイングの観察力を鍛えることでスイングの管理が簡単になり調子の波を小さくすることができます。また現代の大量に溢れている情報の中から自分に適したものを取捨選択できるようになり上達するための考え方をシンプルにすることができます。

 

スイングを観る目を作る方法

ポイント1
知識を入れる

シモダ
シモダ
次にその観察力は鍛えることができるのか?という問題だけど。

これは誰でもできるよね。

 

それは確実にできると思います。
まっつんコーチ
まっつんコーチ

 

シモダ
シモダ
では、どうすればその観る目を鍛えることができるのかだけど、まず大前提として知っていないといけないが人間の脳のからくりだね。

 

スイングに限らず人間の脳は知識のないものは観えないということですね。
まっつんコーチ
まっつんコーチ

 

シモダ
シモダ
そう。知識のないものは認識すらしないし、認識のないものは全く観えていないということ。

 

つまり、観察力を上げるためには大前提としてまずは知識が必要ということですね。
まっつんコーチ
まっつんコーチ

 

シモダ
シモダ
そういうこと。

知識がないと観たくても観えないわけだから。

 

逆に知識が入った瞬間に今まで観えなかったものが観えだすということですよね。
まっつんコーチ
まっつんコーチ

 

シモダ
シモダ
まさに。

新しい知識が入って観察するポイントが変わると急に今まで何回も観てきたスイングが全く違ったスイングに観えたりするじゃない。

 

ありますね!

スイング理論を勉強していくうちに、あれ!この選手ここでこんな動きしてたんだっていうのが後でわかるという経験が多々あります。

まっつんコーチ
まっつんコーチ

 

シモダ
シモダ
つまりスイングが観える観えないは単純に知識次第ということ。

 

その知識を増やすのには理論を研究もしくは学ぶしかないですね。
まっつんコーチ
まっつんコーチ

 

シモダ
シモダ
でもそこは自分で研究するのは凄く大変だから専門家に習った方が効率は良いよね。

 

たしかに。

それにはまず自分に合った理論を探す必要がありますね。

まっつんコーチ
まっつんコーチ

 

シモダ
シモダ
情報収集の力も必要ということ。

 

人間の脳の機能として知識のないものは観えないという性質があります。そのためスイングの観察力を上げるためにはまずは理論を学んで多くの知識を頭に入れる必要があります。

 

ポイント2
観察する

シモダ
シモダ
知識が入ってきたら観察力を上げるために次に大事なのがとにかく観察するということだね。

 

観るということに意識を強くしないと観察力は上がりませんね。
まっつんコーチ
まっつんコーチ

 

シモダ
シモダ
例えば自分の理論で言えば切り返しではクラブヘッドを背中側のインサイドの軌道にスライドさせるという知識が入ったらいろいろな選手のそのポイントを観て調べるということが凄く大事。

 

たしかに知識ありきでいろいろな選手を観ていると動きがよく分かるようになってきます。
まっつんコーチ
まっつんコーチ

 

シモダ
シモダ
当然分かるようになるし、またそれで理論の理解もより深まるよね。

 

そういう意味で今は良い時代ですね。

いつでも簡単に動画でプロのスイングが観れるから。

まっつんコーチ
まっつんコーチ

 

シモダ
シモダ
たしかにそこはテクノロジーの進化を活かしたいね。

 

まとめ

  • スイングの観察力を上げることで上達を早めたり調子の波を小さくすることができる。
  • 観察力を上げるためにはスイングに対する多くの知識が必要。
  • 知識を持って多くのスイングを観察することで観る目が鍛えられる。

 

松島圭祐コーチ
(通称まっつん)
専修大学在学中から、セヴンスイングゴルフコーチング創始者の下田信司のもとでゴルフ上達の理論とコーチングを学ぶ。
延べ200時間以上にも及ぶレッスン研修を実施し、指導者としてのスキルを得る。
2019年PGAプロテストにて、プロゴルファー第1号となる加藤勇希プロを輩出。
ゴルフ界の常識に捉われず、ゴルフ界根本的に変えるべく研究をし続ける次世代のスイングクリエイター。

 

上手くなる情報を配信中!

ライン@にご登録頂くと技術、フィジカル、メンタル、クラブなどアマチュアゴルファーの方が上手くなるための全ての分野の情報をご覧頂けます。

ご登録はこのボタンを押してください

友だち追加

タイトルとURLをコピーしました