【スイング座談会】 ゴルフスイングについて少し深く語ってみた③

東銀座ゴルフスクールでは、このブログのメソッドを使ったレッスンを行っています。

スイング座談会
〜第3話〜

第1話はこちらから

第2話はこちらから

 

櫃本さん「プロや上手いアマチュアゴルファーの方というのはコースでも練習場でも同じようなスイングができますよね。自分はあれが不思議というかコースに行くと練習場と同じにように振る難しさを感じますね。」

 

山口さん「それは私もです。練習場のように振れたら良いスコアが出せるはずなのにそれができない。」

 

シモダ「たしかにコースでスイングが変わってしまう方が多いですよね。」

 

櫃本さん「一番の原因は力みだと思うのですが。」

 

シモダ「そうですね。それもありますが、それよりもアドレスの向きの問題が大きいと思います。」

 

櫃本さん「右を向くミスね。」

 

山口さん「コースで見てるとほぼターゲットに対して右を向く人ばかりですよね。自分もそうですがわかっていても真っ直ぐ向けない。練習場では真っ直ぐに向いてスイングしてるわけだから、それだとスイングが変わって当然ですよね。」

 

シモダ「右を向いている人が真っ直ぐに向くと最初は強烈な違和感がでますから。」

 

櫃本さん「そうそう。それで怖くてスイングできなくなります。」

 

山口さん「そのせいで力みも出ますよね。」

 

シモダ「そうなりますね。まず向きの問題を解決しないといくら練習場でいいスイングになってもスコアに繋がらないですよね。」

 

櫃本さん「まさにそこの解決策を教えてもらいたいです。」

 

シモダ「これはまず球筋を基準に修正する方法がベストだと思いますね。」

 

山口さん「やはり例のプッシュボールですか?」

 

シモダ「 そうです。プッシュボールを持ち球にしてそのボールの出玉と落ち際のイメージができると逆に右は向けませんから。」

 

山口さん「それはわかるのですが、プッシュはどうしても右に行くイメージが出てしまって難しいです。」

 

シモダ「 右から大きなスライスのイメージですね。」

 

山口さん「そうです。」

 

櫃本さん「それはありますね。捕まったプッシュボールが打てれば最高なんでしょうが。」

 

シモダ「そこはやはりダウンスイングの軌道ですよね。そいういうプッシュスライスになるのは切り返しでクラブが立ってしまってその反動でインパクト前にクラブが寝てしまうのが原因ですから。」

 

切り返しでクラブが立って肩の上からのダウンスイングの軌道になることでインパクト直前にクラブが寝てしまうことにより大きく曲がるプッシュスライスボールになってしまいます。

 

櫃本さん「肩下からのフラットなダウンですね。」

 

シモダ「 そうです。その軌道だとダウンスイングでボールを捕まえることができるのでプッシュボールを打っても大きなスライスにはなりません。」

 

櫃本さん「曲がっても少しのスライスで距離も出るんですよね。」

 

シモダ「そうです。少し右に行っても前に伸びる強いボールになります。」

 

山口さん「よく言うパワーフェードなる感じですかね。」

 

シモダ「はい。そのボールをややオープンスタンスで打つとまさにパワーフェードになります。[/speech_bubble]

 

櫃本さん「つまりドローの球筋は求めないでいいということですよね。」

 

シモダ「その通りです。最近のクラブはボールを曲げるように作られていませんから。
特にドライバーは。」

 

櫃本さん「プロはドローを打ってるイメージがありますが。」

 

シモダ「プロの場合はヘッドスピードが早いのでプッシュ系のボールを狙ってドローが出る時があるというのが本当でしょうね。まあ中にはJ・デイのようにクローズスタンスを強くしてドロー決め打ちで打ってくる選手もいますが、PGA等のテレビ中継を見ていると、最近では捕まったプッシュを使ってゴルフを組み立てている選手を多く観かけます。」

 

櫃本さん「なるほど。そうなんだ。」

 

シモダ「 ええ。多くのプロがドローが掛かったなというときはだいたい左へのミスになっています。」

 

山口さん「それはクラブ選びにも役立ちそうな情報ですね。」

 

シモダ「そうなんですよ。ダウンスイングの軌道が良くなってきたらそのスイングでややプッシュのストレートか落ち際少しフェードのボールが出るクラブを選ぶのが良いと思います。」

 

櫃本さん「よくわかりました。そういう意味ではまずはスイングが良くなるとコースマネージメントもクラブ選びもシンプルになりますね。」

 

シモダ「ですね。ぜひ継続してスイングを良くして本当の意味での上達を目指してください。」

 

ライン@にご登録頂くと技術、フィジカル、メンタル、クラブなどアマチュアゴルファーの方が上手くなるための全ての分野の情報をご覧頂けます。

ご登録はこのボタンを押してください

友だち追加

タイトルとURLをコピーしました