上手く当たる確率が格段に上がるバックスイングのコツについて詳しく解説します 

バックスイングの上げ方によってミート率が変わるのかと言えば、それは確実に変わります。

もっと正確に言うとバックスイングの上げ方によって、トップからダウンスイングへの切り返しの動きが変わることでミート率が変わります。

このバックスイングの上げ方による切り返しの動きの変化は特にアマチュアゴルファーの方に顕著に現れます。

 

東銀座ゴルフスクールでは、このブログのメソッドを使ったレッスンを行っています。

バックスイングで変わるミート率

シモダ
シモダ
今回は改めてバックスイングについて話しをしよう。

 

いいですね!

レッスンをしていてもバックスイングの上げ方で悩まれてる方が多いですから。

まっつんコーチ
まっつんコーチ

 

シモダ
シモダ
まずバックスイングについてはどうレッスンしてる?

 

そこはうちのメソッドの基本どおりに切り返しでクラブが倒しやすい軌道で上げてもらってます。
まっつんコーチ
まっつんコーチ

 

シモダ
シモダ
なるほど。

切り返しでクラブを倒すことでインサイド軌道のダウンスイングが作れるわけだからそのポイントはかなり重要。

 

アマチュアの方はクラブを横に上げ過ぎてしまって、そのせいで切り返しを失敗している人が多いですよね。
まっつんコーチ
まっつんコーチ

 

シモダ
シモダ
たしかに。

横上げからのカット軌道のダウンスイングになる人は多いな。

 

そうなんです。

切り返しでクラブを倒せるように単純にバックスイングではクラブを立てるように上げてもらうとミート率が良くなってスイングが安定する方が多いです。

まっつんコーチ
まっつんコーチ

 

シモダ
シモダ
もちろん切り返しの動きを理解していたらの話しだけど、上げ方次第でミート率が確実に変わるのは間違いないね。

 

切り返しで上げたクラブの軌道よりもクラブを倒して下ろす動きによってクラブヘッドがインサイドから下りてくるダウンスイングが作れます。

 

そのインサイド軌道のダウンスイングによって手元が浮かないインパクトになりミート率が上がります。

 

その切り返しでクラブを倒すための準備として、バックスイングではクラブを立てて上げるというのがミート率が高くて安定したスイングを作るポイントとなります。

 

切り返しの動きを簡単にする
バックスイングの上げ方とは?

シモダ
シモダ
では具体的な動きについてだけど、大事なポイントが2つある。

 

ひとつはスタートでクラブヘッドをアウトサイドに引かないこと、もうひとつが手首のコックを使ってでクラブを立てることですね。
まっつんコーチ
まっつんコーチ

 

シモダ
シモダ
スイングをシンプルにするためにこれは2つとも凄く大事。

 

レッスンしていると最初はこの2つの動きに苦労する方は多いです。
まっつんコーチ
まっつんコーチ

 

シモダ
シモダ
そこは少しの練習と慣れが必要だから。

 

まずスタートでクラブをアウトに上げないというのは右肘を自分の身体に引き付けるようにすることでほぼ皆さん解決しますね。
まっつんコーチ
まっつんコーチ

 

シモダ
シモダ
なるほど。

そこはグリップエンドが右脚付け根に当たるくらいのイメージで右肘を思い切り引くとコツが掴みやすいかな。

 

はい。それくらい極端にやってもらってます。
まっつんコーチ
まっつんコーチ

 

シモダ
シモダ
それでも実際には自分のイメージよりはそんなにインサイドには引けないから。

 

そうなんです。

皆さんビデオを観てもらうとびっくりしてますね。

大抵はこれでも普通だねって言われますから(笑)

まっつんコーチ
まっつんコーチ

 

シモダ
シモダ
ゴルフスイングの動きはイメージと実際の動きとに差があるということね。

 

スイングのスタートでクラブヘッドの動きをターゲットラインよりもアウトサイドに引かないためにはh右肘を身体の方に引き付けるように後ろに引くのがポイントです。

 

スタートの動きは皆さんすぐにできるようになるんですけど、次のクラブを立てる動きが難しいという方が多いですよね。
まっつんコーチ
まっつんコーチ

 

シモダ
シモダ
たしかに手首のコックが苦手な人は多いな。

 

そこは何か良い方法はありますか?
まっつんコーチ
まっつんコーチ

 

シモダ
シモダ
コックが上手くいかないのは手首を折るタイミングが遅いのが原因だと思う。

 

早めにコックする感じですか?
まっつんコーチ
まっつんコーチ

 

シモダ
シモダ
これもスタートの右肘と同じで極度にやる方が上手くいくね。

 

ではスタートで右肘を引くと同時くらいにコックを入れるってことですか?
まっつんコーチ
まっつんコーチ

 

シモダ
シモダ
そういうこと。

それでもスピードが付くから実際にコックの動きが入るのはグリップが腰の位置まで上がったときくらいになるから。

 

なるほど、いきなりコックで良いのですね!

次のレッスンから皆さんに試してもらいます!

まっつんコーチ
まっつんコーチ

 

右肘の動きと同様で手首のコックも極端に早くやるイメージで良いでしょう。スタートでいきなり手首を折った感覚でも、実際にはグリップが腰位置に上がったくらいの丁度良いタイミングのコックになってきます。

 

松島圭祐コーチ
(通称まっつん)
専修大学在学中から、セヴンスイングゴルフコーチング創始者の下田信司のもとでゴルフ上達の理論とコーチングを学ぶ。
延べ200時間以上にも及ぶレッスン研修を実施し、指導者としてのスキルを得る。
2019年PGAプロテストにて、プロゴルファー第1号となる加藤勇希プロを輩出。
ゴルフ界の常識に捉われず、ゴルフ界根本的に変えるべく研究をし続ける次世代のスイングクリエイター。

ライン@にご登録頂くと技術、フィジカル、メンタル、クラブなどアマチュアゴルファーの方が上手くなるための全ての分野の情報をご覧頂けます。

ご登録はこのボタンを押してください

友だち追加

タイトルとURLをコピーしました