アドレスで注意すべき3つのチェックポイントとは?

良いアドレスは
良いスイングへの第一歩

良いアドレスを作るということは意外と難しいものです。

特にボールに当てたいという気持ちが強いアマチュアゴルファーの方は、どうしても構えは後回しになってしまう場合が多くあります。

しかし、やはり最初の構えというのは次の動作に必ず影響が出るのでとても大切です。

そこで、今回は結果に繋がる実戦的なアドレスというものについて考えてみたいと思います。

私が考えるアドレスでの実戦的なチェックポイントは次の3つです。

正確に狙ったターゲットにボールを打つためにアドレスはとても大事です。

 

チェックポイント1

姿勢良く構える

背中の曲がったアドレスのゴルファーを多く見かけます。

アドレスの姿勢の良さはミート率の良し悪しに関係します。

必ず良い姿勢を意識しましょう。

背筋の伸びた良い姿勢でアドレスしましょう!

 

チェックポイント2

ボールを打ち出す方向に腰、肩のラインを平行に揃える

身体が捻れた状態では良いスイングはできません。

曲げないスイングをするためには腰、肩のラインはボールを打ち出す方向に平行に揃えておかなければなりません。

しかし、このラインが正しく揃っているというアマチュアゴルファーの方を見かけることは滅多にありません。

特にコースでは狙った方向に正確にアドレスが向けているという人はほとんどいません。

当たり前ですが、構えが間違っているといくら上手くスイングしても狙ったところにボールは打てません。

しかも、そういう状態でショットを続けているとスイングを崩す原因にもなってしまいます。

私が今まで見てきた限りではプレー中のほとんどのゴルファーの方が狙っているターゲットより右を向いて構えていました。

それだけターゲットラインに平行に構えるということは不自然で難しいものだということでしょう。

そういう意味で正しく構えられるようになるにはショット練習と同様に沢山の練習が必要です。

ボールを打つ練習も大事ですが定期的に構えるだけの練習をしてみることをおすすめします。

11215059_793365700772971_7270588727949340947_n人間の身体は捻じれやすいものです。常にチェックしておきましょう!

 

チェックポイント3

アドレスはバックスイングの準備であることを意識する

これも当たり前ですが、スイングを流れで考えるとアドレスからいきなりボールを打つわけではありません。

打つ前には必ずバックスイングをしてクラブを振り上げていきます。

つまり、アドレスはバックスイングに直結しているということです。

アドレス時にはどうボールを打つかではなくどうテイクバックするかを意識する必要があります。

これは意外と忘れがちですが丁寧なスイングをするうえで非常に大事なポイントです。

「良いバックスイングは良いアドレスにあり」
お忘れなく!

 

まとめ

  • ラウンド中にすべてのポイントを意識するというのはとても難しいことです。
  • 普段の練習で3つのポイントをひとつずつ意識、確認しながら練習されることをおすすめします。

 

ライン@にご登録頂くと技術、フィジカル、メンタル、クラブなどアマチュアゴルファーの方が上手くなるための全ての分野の情報をご覧頂けます。

ご登録はこのボタンを押してください

友だち追加

タイトルとURLをコピーしました