ゴルフのアドレスの基本的な作り方について詳しく解説します

今回はアドレスについて考えてみます。

最初の構えというのは次の動作に必ず影響が出るものなので良いスイングをするためにアドレスはとても大事です。

特に無駄のない実戦的なスイングをするためには、アドレスでの良い姿勢というものが重要となります。

そういう意味で安定したミート率を維持するためにアドレスの姿勢は常に意識しておきたいポイントです。

 

アドレスが悪くなる原因とは?

踵体重が姿勢を悪くする

アドレスで良い姿勢が作れないという方が多いのですが、そういう方に共通しているのが踵体重です。

踵体重になってしまうと、骨盤が起きた状態になり背中が丸いアドレスになってしまいます

踵体重で背中の丸まった構えではバックスイングでの身体の十分な捻転が作れないため良いスイングができません。

また、踵体重だとボールに近過ぎのアドレスになる可能性が高くなります。

踵体重だと前傾が作れないため無意識にボールに近づいてしまいます。

そうなるとダウンスイングで身体が起き上がりやすくなるので振り遅れのミスになる可能性が高くなります。

ボールに近過ぎだとダウンスイングが苦しくなり上体が起き上がって振り遅れになります。

膝の曲げ過ぎ伸ばし過ぎに注意を

これも踵体重が招くミスですが、膝の曲げ過ぎや伸ばし過ぎにも注意が必要です。

このアドレスでのミスもバックスイングで上半身が捻りづらくなります。

膝の曲げ過ぎたアドレス

膝が伸びたアドレス

良い姿勢作りの2つのポイント

ポイント1
大事なのは骨盤の前傾

良い姿勢のアドレスを作るには、脚の付け根から骨盤を前傾させることがポイントとなります。

上半身全体を骨盤から前傾させることで身体が捻りやすく、また腕が振りやすい良い姿勢のアドレスが作れます。

姿勢の良いアドレスを作るために骨盤をしっかりと前傾させましょう。

ポイント2
重心は爪先寄りにかける

骨盤から上体を前傾させながら体重は爪先寄り(指の付け根)にかけるようにします。

爪先体重にすることでバックスイングで身体が捻りやすくなり、またダウンスイングでの上体の起き上がりを防ぐとができます。

良い姿勢のアドレスでは少し前に倒れる感じの爪先体重になります。

骨盤前傾の練習法

クラブを持たないでどこでも簡単にできる骨盤前傾アドレスの練習法をご紹介します。

まず前に倒れる寸前まで体重を爪先にかけながら骨盤から上体をしっかりと倒した深い前傾を作りその状態を10秒程キープします。

その後、骨盤の前傾は維持したまま少し上体を起こします。

そのときの膝は少し緩めるくらいにしましょう!

この練習を繰り返して姿勢の良いアドレスを作りましょう。

 

まとめ

良いスイングをするためには良い姿勢のアドレスが必要です。

  • 上体を骨盤から前傾
  • 爪先体重

の2つのポイントに注意しながら実戦的で綺麗なアドレスを目指してください。

 

タイトルとURLをコピーしました